延命寺ぼたんまつり

延命寺ぼたんまつり
 

牡丹に和傘がよく似合う

「東国花の寺百ヶ寺」に名を連ねる松田町の延命寺では、毎年4月29日に「花供養 まつだぼたん祭り」を開催しています。

東国花の寺百ヶ寺・・・関東1都6県の「花の寺」と称される寺院が集まり、平成13年3月に発会。現在は、103の寺院が加盟しており、延命寺は、神奈川11番。

延命寺ぼたんまつり
延命寺ぼたんまつり

こちらは別名「牡丹寺」と呼ばれ、約50種、500株の牡丹が、風情ある和傘の下で色鮮やかに咲き誇ります。見ごろは4月下旬から5月上旬。

和傘には、日差しや雨から牡丹を守る役目があるそうです。

祭り当日は、観音堂での花供養や、釈迦の誕生を祝う花まつり、弁天堂でのポックリ弁天供養などが行われるほか、茶会(有料)も開かれます。


こちらの延命寺は、正しくは萬松山延命寺といい、開山は文明4年(西暦1472年)久野村総世寺3世宗箇和尚(曹洞宗)です。開基は小田原北条氏家臣の遠山丹羽守直景です。

延命寺ぼたんまつり
延命寺ぼたんまつり

ちなみに、時代劇に出て来る桜吹雪の刺青で有名な遠山金四郎は、この遠山丹羽守直景の直系にあたる人だそうです。

このお寺には明治6年(西暦1873年)、松田小学校の前身となった貫穿舎が設置されていました。

延命寺ぼたんまつり
延命寺ぼたんまつり

参道や境内では、万霊塔、禁碑、山王権現塔などの石塔も数多く見ることができます。

こちらへのアクセス

<電車の場合>
JR御殿場線 松田駅、小田急小田原線 新松田駅から、徒歩5分

<車の場合>
東名高速大井松田ICから、国道255号・246号経由で5分
お寺には無料の駐車場が10台分ありますが、ぼたんまつり開催時は、新松田駅周辺のコインパーキングに停めて、徒歩で行かれるのが良いと思います。

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)

 

報徳二宮神社

報徳二宮神社 三の鳥居と御社殿
 

あの小学校の銅像で有名な二宮金次郎さんの神社

明治27年(1894年)4月、二宮尊徳の教えを慕う当時の6カ国の報徳社(伊勢、三河、遠江、駿河、甲斐、相模)の総意により、御祭神として、生誕地である小田原の小田原城二の丸小峰曲輪の一角に神社が創建されました。

報徳二宮神社 三の鳥居と御社殿
報徳二宮神社 三の鳥居と御社殿

明治42年(1909年)に本殿・幣殿を新築、拝殿を改築し、神宛を拡張し現在の社地の景観が整えられています。

平成6年(1994年)には、創建百年記念奉告祭が執り行われました 。

報徳二宮神社 一の鳥居
報徳二宮神社 一の鳥居

平成27年(2015年)報徳二宮神社例大祭では、城址口鳥居が竣工。
伊勢の神宮より、第62回神宮式年遷宮での古材を拝領して、こちらの鳥居が建立されたそうです。

報徳二宮神社 城址口の鳥居
報徳二宮神社 城址口の鳥居

また、報徳二宮神社は、学問の神様として、合格祈願に多くの受験生がお参りすることでも有名です。
(うちの長男も高校・大学受験の際に、お世話になりました)

報徳二宮神社の二宮金次郎像
報徳二宮神社の二宮金次郎像

報徳二宮神社は、小田原城のすぐ隣なので、小田原城址公園 ⇒ 小田原城 ⇒ 報徳二宮神社の観光コースをおすすめします。

二宮金次郎武士の位を授けられてからは二宮尊徳)

天明7年(1787年)、相模国栢山村(今の小田原市栢山)の豊かな農家に生まれましたが、再三にわたる酒匂川の氾濫で田畑を流され、家は没落し、過労により両親は亡くなり、兄弟はばらばらに親戚の家に預けられました。

金次郎は 、朝暗いうちから夜遅くまで汗と泥にまみれて一生懸命働き、その間余裕ができればわずかな時間も無駄にせず勉強をして、先人の教えを理解しようとしました。(その素晴らしい教えが、あの有名な銅像に込められています)

自然の恵みと人の力の素晴らしさを知ると共に、小さな努力の積み重ねが大切(積小為大)だと学び、一生懸命努力して24歳までに一家を再興。

そして、小田原藩家老服部家の財政再建をはじめ、藩主大久保忠真候の依頼により分家宇津家の桜町領を復興させ、自分の体験をもとにして、大名旗本等の財政再建や600余りの農村復興など多くの素晴らしい成果をあげました。

報徳二宮神社の二宮尊徳翁像
報徳二宮神社の二宮尊徳翁像

社地の中には、二宮尊徳に因んだ現代風のおしゃれな「きんじろうカフェ」 があります。
本格イタリアンコーヒーや江戸時代に二宮金治郎が食べていた食事の「呉汁」など頂けます。

神社の中でのコーヒータイムは、不思議なくらい心が落ち着きます。
この特別な場所で飲むコーヒーは、おすすめです。

こちらへのアクセス

<電車の方>
JR小田原駅東口より、徒歩15分

<自動車の方>
報徳二宮神社には、有料駐車場がありますが、桜や藤の時期、七五三祝いの時期は、周辺の駐車場も含めて、非常に混雑するので、ご注意下さい。

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)

 

p>

地蔵堂

地蔵堂と馬頭尊の石碑
 

【箱根外輪山ハイキングの拠点】

かつては誓広寺という寺院がありましたが、そのお堂だけが残って、現在の地蔵堂となっているそうです。

地蔵堂の扁額
地蔵堂の扁額

地蔵堂は、箱根登山バスの終着駅となっており、金太郎が産湯をつかった滝と伝えられている夕日の滝や金太郎遊び石などの観光スポットが、周辺にあります。

また、足柄万葉公園、足柄峠、金時山、明神ヶ岳、矢倉岳へのハイキングコースの出発地点として、多くのハイカーに利用されています。

地蔵堂を訪れるハイカー
地蔵堂を訪れるハイカー

金時山ハイキングでは、お昼を過ぎると、箱根の仙石へ下山する人達で登山道が混み合うので、こちらの南足柄側へ下山するルートは、ちょっとした抜け道的な存在です。

地蔵堂のすぐ近くに、自家用車が十分に停められる無料の駐車場&トイレがあるので、車で来てハイキングを楽しむ方も多いです。

すぐ近くの足柄古道万葉うどんは、地元ではとても有名で、本場の香川うどんが味わえます。カレーうどん、ざるうどん、おでんは、絶品!
帰りのバスが来るまでの時間は、こちらに立ち寄るのがおすすめ!

足柄古道万葉うどん(地蔵堂の向い側)
足柄古道万葉うどん(地蔵堂の向い側)
  • 営業時間 月~水・金・土・祝前:11:30〜19:00、日・祝:11:00〜19:00
  • 定休日:毎週木曜日
  • 料金:カレーうどん 920円、ざるうどん 500円、おでん 1本130円
こちらへのアクセス

<電車の場合>
小田急小田原線の新松田駅を出て正面のバスロータリーから、
⇒ 1番のりば 関本/(関本経由)富士フイルム西門/(関本経由)地蔵堂  
※8・9・10時台に1本ずつ運行。

大雄山線の終点、大雄山駅を出て右側のバスロータリー(関本)から、箱根登山バスで分
⇒ 4番のりば 内山/地蔵堂行き ※行先が「内山」となっているバスは、途中までしか行かないので、乗らない様に、ご注意下さい。(内山経由はO.K.)
※本数は、1時間に1~2本程度です。

地蔵堂からの帰り
小田急小田原線の新松田駅行きと関本(大雄山駅)行きのバス があります。
※本数は、ほぼ1時間に1本です。

地蔵堂横のバス停(奥に無料の駐車場とトイレあり)
地蔵堂横のバス停(奥に無料の駐車場とトイレあり)

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)

 

p>

早雲寺

早雲寺 本堂裏の枯山水庭園
 

【500年間、北条五代を弔ってきたお寺】

早雲寺は臨済宗大徳寺派の古刹(由緒ある寺)です。
大永元年(1521)北条早雲の息子氏綱により創建されました。

早雲寺 本堂
早雲寺 本堂

小田原北条家の菩提寺として栄えましたが、天正18年(1590)4月5日、箱根山を越えてきた豊臣秀吉の本陣となり、6月下旬に石垣山一夜城が完成すると火を放たれ、当時関東屈指の禅刹は、一度消失。その後、寛永4年(1627)僧侶 菊径により再興されました。

山門の左側の鐘楼に大きな古い梵鐘があり、これは豊臣秀吉が北條氏を攻めて小田原に押し寄せたとき、石垣山の一夜城に使われたといわれています。

早雲寺 鐘楼と梵鐘(銅鐘)
早雲寺 鐘楼

箱根湯本の町は、もともと早雲寺の門前町として始まったと言われています。
現在の伽藍(がらん:寺院または寺院の主要建物群 )は江戸時代再建以降のものですが、北条五代画像をはじめ戦国時代・江戸時代の文化をしのぶ多くの文物が伝えられています。

現在、早雲寺には、戦国時代を代表する文化人として名高かった北条長綱(幻庵:早雲の三男)の作といわれる枯山水(かれさんすい、かれせんずい)庭園が残るほか、北条五代の墓、「北条早雲像」(国指定重要文化財)などの文化財が保存されています。

北条五代

①北条早雲(1432~1519)
俗名 伊勢新九朗長氏。戦国時代初期を代表する武将。京都から駿河今川家に身を寄せ、伊豆・相模を攻略して独立、戦国時代の幕を開いた。伊豆韮山で没。享年88

②北条氏綱(1486~1541)
父 早雲の意志を継ぎ、武蔵・下総へ進出。小田原北条氏の領国を拡大した。享年56

③北条氏康(1515~1571)
扇谷上杉家を滅ぼし、甲斐の武田、越後の上杉謙信の関東進出を防いで領国経営に優れた手腕を発揮した。享年57

④北条氏政(1538~1590)
夫人は武田信玄の娘の黄梅院。信玄の西上を援護、その没後は織田信長と連携して武田討伐に加担。やがて豊臣秀吉に敗れ切腹。享年53

⑤北条氏直(1562~1591)
夫人は徳川家康の娘の督姫。下野の宇都宮氏を降ろし、小田原北条氏最大の領地を形成。上野の真田真幸の名胡桃城を奪取して秀吉と対立し敗れる。家康の助命により高野山に流される。享年30

早雲寺 鐘楼
早雲寺 鐘楼

寺の裏手の自然林(早雲寺林)は、スダジイを主体とする常緑の広葉樹林であり、絶滅危惧種のヒメハルゼミの生息地として、県・町の天然記念物に指定。

6月末から7月中旬にかけて、このセミの合唱が、早雲寺の初夏夕暮れの風物詩となっていて、7月初旬のイベント「ヒメハルゼミ抜け殻探し観察会」は、ファミリーにおすすめです。

早雲寺の夕暮れ
早雲寺の夕暮れ

11月初旬の3日間、本堂の襖絵と寺宝を特別公開していますので、11月3日に行われる箱根大名行列と併せて、見学をおすすめします。

入場料なし。 ただし、11月上旬3日間に公開される寺宝の拝観料は、大人500円。

こちらへのアクセス
<電車の場合>
・箱根湯本駅から徒歩15分
・箱根湯本駅から箱根登山バス(K路線)約3分「早雲公園前」バス停下車すぐ。

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)

 

阿弥陀寺

阿弥陀寺とあじさい
 

【箱根のあじさい寺】

江戸時代初期に木食遊行僧:弾誓(たんせい)上人が開いた浄土宗の山寺。

※木食(もくじき):穀断ちと呼ばれ、火食・肉食を避け、木の実・草のみを食べる修行を受けた僧のこと。

※遊行僧(ゆぎょうそう):寺に定住せず、諸国を遍歴して説法を教化した僧侶。

弾誓上人は、慶長9年(1604年)から6年間、塔之峰中腹にある洞窟で修行し、阿弥陀寺を開きました。

阿弥陀寺は、徳川家の菩提寺である東京都港区芝公園にある増上寺の末寺です。

 

38代目 水野賢正 住職が、一株ずつ植えたあじさいは、今や3,000株を越え、6月下旬~7月中旬頃になると、本堂までの山道を彩り、「あじさい寺」として多くの人々に親しまれています。

阿弥陀寺とあじさい
阿弥陀寺とあじさい

また、ご住職は、琵琶奏者としても有名な方で、5人以上集まれば、琵琶の演奏と講話を聴かせていただけるそうです。
(琵琶演奏+講話+抹茶+お菓子付き:1,000円)

 

本堂入口の頭上には、「百万遍転法輪」(数珠車)が掛かっています。

天明4年に造られたそうで、一周回すと般若心経を千回唱えたのと同じ功徳があるといわれています。

 

阿弥陀寺は、皇女和宮ゆかりの寺としても有名です。

和宮 親子内親王(かずのみや ちかこないしんのう)は、江戸幕府第14代将軍:徳川家茂の正室だった方で、脚気を患い、療養先の箱根塔ノ沢環翠楼にて、32歳の若さで亡くなられています。

その際、徳川将軍家の菩提寺芝・増上寺の末寺であった塔ノ沢の阿弥陀寺住職が、和宮の本葬に先立って、この阿弥陀寺で通夜・密葬を執り行い、その後、和宮の香華院(位牌をお祀りする寺)となりました。

阿弥陀寺 葵の御堂(皇女和宮の位牌を祀る御堂)
阿弥陀寺 葵の御堂(皇女和宮の位牌を祀る御堂)

 

阿弥陀寺で見かけた心惹かれる石仏群

 

こちらへのアクセスは、

車の方:国道1号線 箱根湯本駅から山側へ曲がり、フォレストアドベンチャー・箱根を通り過ぎて、すぐ。「女坂」を登っていくと、境内に8台停められる駐車場あり。

電車の方:箱根登山鉄道 塔ノ沢駅から、徒歩20分。

 

阿弥陀寺の参道は、2つあります。
①急な斜面に石や木の階段が設置されている男坂。途中に山門があります。

②道幅は狭いですが、舗装道になっている女坂。車で上がれます。

阿弥陀寺 女坂 入口
阿弥陀寺 女坂 入口

私が男坂を登り切ったところで、
ちょうど阿弥陀寺から帰る外国人旅行者の方々を、車で通り掛かったご住職が、同乗させて下まで送っていくところを見掛けました。

ご住職の親切なお人柄が伺えました。

 

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)

 

箱根九頭龍神社 本宮

箱根九頭龍神社 本宮
 

【静かな湖畔に佇む神秘的な神社】

箱根の3大パワースポット(箱根神社、箱根元宮、九頭龍神社本宮)の一つ。

その昔、人民に被害を与えていた9つの頭を持つ毒龍に対し、萬巻上人が湖中に石壇を築いて調伏の祈祷を行ったところ、毒龍は改心して龍神となって祀られたのが始まりとされています。

今では、多くの人々に、開運隆盛はもとより金運守護、商売繁盛縁結びの龍神様として崇められています。

九頭龍神社本宮へは、車・バイクでは行けません。以下の方法でアクセスします。 ※参拝時間は、9:00~17:00(最終17:30で門が閉まる)、入場料 大人500円、こども250円

①元箱根港より出港する参拝専用船
毎月13日に行われる九頭龍神社の月次祭の時だけ、9時過ぎに出港(受付は、7:30~9:30) 乗船券1,500円+御祈祷料2,000円以上

月次祭では、多い時には1,000人位の参拝者(8割は女性)が訪れます。全員のお参りが済むまで、帰りのフェリーが出港しないので、神社の周りで待つ時間は長く、お昼までかかる時があります。

樹木園桟橋(箱根九頭龍神社 本宮)
樹木園桟橋(箱根九頭龍神社 本宮)

②箱根園から徒歩
⇒ 片道20分くらい。月次祭のない日であれば、気軽にのんびり自分のペースで参拝できます。多くの人の念が混ざらない平日の方が、パワーを頂けるという意見もあります。

③箱根園からレンタル自転車
1時間500円、2時間1,000円。自転車だと、片道5分くらいで着きます。ゆっくり参拝したい人は、1時間レンタルだと、ちょっと厳しいかも。

④箱根園からモーターボート
⇒ 2,000円(2名からの事前予約)当日受付は14時まで。参拝料込み。
おすすめは、モーターボートです。

九頭龍神社本宮の裏手の小さな桟橋に、横付けしてもらえます。湖側から参拝するのは、かなり貴重な体験です。

お社と湖側の鳥居の写真を撮って、待ち受け画像など、いつも見える様にしておくと、ご利益があるそうです。
鳥居の写真は、湖底の石が写る様に撮ると良いらしい。結構、屈みながら水面に近づかないと収まらないので、カメラを落とさない様に気を付けて下さいね。

弁財天社は、商売繁盛の御礼参りにくる経営者も多いそうです。

箱根九頭龍神社 本宮 弁財天社
箱根九頭龍神社 本宮 弁財天社

樹木園桟橋の近くにある白龍神社には、白い鳥居があり、また違った雰囲気で趣きがあります。

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)

 


箱根元宮(はこね もとつみや)

箱根元宮
 

【天空のパワースポット】

箱根の3大パワースポット(箱根神社、九頭龍神社本宮、箱根元宮)の一つ。

箱根駒ケ岳山頂の元宮は、箱根神社の奥宮 として、1964 年( 昭和39 年) 再建されました。

今から約2400年前、人皇五代孝昭(こうしょう)天皇の時代に、聖占仙人(しょうぜんしょうにん)が、駒ヶ岳山頂に神仙宮を開き、祭祀したのが始まりとされています。

この社は拝殿になりますが、神山をご神体としているため本殿はありません。拝殿の先にはご神体の神山があり、神山を拝するための社殿になってます。

注連縄を張ってあるのは馬降石(ばこうせき)といい、白馬に乗って神様が降臨された岩と伝えられています。石の上の穴は降馬の折の蹄跡で、穴にたまる水は枯れたことがないと云われる不思議な岩。

また参道の右側には馬乗石(ばじょうせき)があり、白馬の信仰を今に残しています。

こちらへは、箱根園の駒ヶ岳ロープウェイで、アクセスします。箱根園駅 ⇒ 駒ヶ岳山頂駅(約7分で到着)

標高1356mの高地にあるため、霧が出ていることも多く、天候はその時の運しだいですが、晴れた日は、芦ノ湖やその向こうの太平洋、富士山も見えて、とても絶景!

駒ヶ岳山頂駅から富士山を望む
駒ヶ岳山頂駅から富士山を望む

ロープウェイ乗り場の箱根園から、駒ヶ岳山頂を見上げた時、もし雲の中だったら、ロープウェイに乗らない事をおすすめします。山頂に行っても、真っ白な世界があるだけで、何も見えずに戻ってくることになると思いますので。

また、駒ヶ岳ロープウェーでは、星空天体観測ナイトツアーを、4~6月、7~10月の特定日に開催しているので、おすすめです。

 

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)


玉簾の滝(たまだれのたき)

玉簾の滝
 

【有名ホテルの中にあるパワースポット】

箱根湯本温泉の天成園(ホテル)の庭園にある 高さ 約8m × 幅 約11mの滝です。

水を通しにくい古い地層の上に、水を通しやすい箱根火山の溶岩が重なっていて、2つの地層の間から流れ出た水が滝となっています。

流れ落ちる清水が、「たますだれ」の様に、細かく美しいことから、この名で呼ばれるようになったそうです。また、水音の美しさにも特長があり、滝には注連縄が飾られています。

天成園の庭園の中には、その他にも下記の見どころがあります。

①玉簾神社
庭園の奥、二つの滝のあいだを登ったところには、箱根神社・九頭龍神社の唯一の分宮である「玉簾神社」(江戸時代に創建)があります。
箱根大神と九頭龍大神をお祀りしており、縁結びや無病息災、そして、この地の水の守り神の社として古くから崇められています。

②飛烟の滝
高さ 約20m × 幅約10mの滝で、「烟」には「けむり」の意味があり、その名の通り、水しぶきが煙のように立ちこめる滝です。玉簾の滝と比べて、力強さが感じられます。

③アイドルのアヒル達
・クレちゃん(♀)、まちこ(♂)、元気(♀)、はるお(♂)
とても人懐っこいアヒル達です。園内にアヒルのおうちもありました。
滝の写真を撮っている私のすぐ横を「ちょっと退いて」と言っている様に、スタスタ歩いてました(笑)

天成園は、温泉・食事・宿泊施設のほかに、観光施設も揃っているとても人気のあるホテルです。私も2回、宿泊したことがありますが、おもてなしの気持ちが行き届いていて、感動ものでした。特に、屋上の露天風呂と食事が最高!

ちなみに、上記の場所は、ホテルに宿泊していない方も、無料で観光できます。(車の方は、駐車場代(30分×500円)のみ)

 

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)

 


大雄山最乗寺 仁王門~三門

大雄山最乗寺 仁王門
 

【天狗伝説と無数のパワースポット】 <神奈川県指定天然記念物他>

大雄山最乗寺だけでも、かなり見ごたえがありますが、もう一つのおすすめは、最乗寺から「てんぐのこみち(最乗寺~仁王門までの約2kmに渡って続く杉並木の参道)」を下って、仁王門を散策するコースです。

大雄山最乗寺の碧落門、瑠璃門を出て、参道を通り、三門をくぐり抜けて、「道了尊」バス停脇から、「てんぐのこみち」に入ります。

30分くらいですが「てんぐのこみち」を歩いていると、森林浴のせいなのか、それとも杉の巨木たちのパワーをもらえたせいなのか、不思議と健康になった気になります(笑)

散策後は、仁王門近くの「大雄山茶屋天んぐ本店」で、五色だんごセット(800円)や、わらび餅セット(850円)(足柄茶 or 珈琲付き)を頂いて、一服。

ゆっくりしたら、「仁王門」のバス停から、再び最乗寺の駐車場に戻ります(電車の方は、そのまま大雄山駅へ)

桜の時期と、あじさいの時期は、特におすすめです。

大雄山最乗寺 仁王門と桜
大雄山最乗寺 仁王門と桜

※注意:杉花粉症の方は、2~3月は外した方が良いです。この時期、山から黄色の煙(花粉)が上がり、山火事と見間違うほど!?の過酷な状況です。

こちらへのアクセス

<車の場合>
仁王門の周辺には、公共の駐車場が無いので、
大雄山最乗寺の無料駐車場に停めて、「てんぐのこみち」を歩いてくるか、
「大雄山茶屋天んぐ本店」は、駐車場完備なので、食事&お茶をした後に、
ちょっと仁王門に寄って行くか、の2択になります。

<電車の場合>
小田原駅 ⇒ 大雄山駅(大雄山線)21分、270円、大雄山駅を出て右側のバスロータリーへ①番ポールへ移動(徒歩)、大雄山駅 ⇒「仁王門」バス停(伊豆箱根バス)約3分、170円

大雄山最乗寺 仁王門
大雄山最乗寺 仁王門

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)

 

箱根神社

箱根神社 本殿
 

【関東総鎮守 箱根権現 一大パワースポット】

御鎮座1250年を超える箱根神社は、もともとは多くの武将が訪れる「勝負の神」として崇敬されていましたが、その後、東海道中の無事祈願や、安産祈願、家内安全など、多くの人々に崇敬されるようになりました。

箱根神社内には、箱根大神(三神)を祀る御本殿、なかなか本宮にお参りできない里人のために建てられた「九頭龍神社 新宮」、矢立杉、安産杉など、様々なご利益が期待できる場所です。

箱根神社のパワースポット
①矢立の杉や第四鳥居周辺の巨木(強力な浄化スポット)
②正参道の石段(強力な浄化スポット)
③箱根神社の境内 拝殿前(箱根の大地のエネルギーがみなぎる龍穴スポット
④九頭龍神社 新宮の背後の森(万巻上人の墓所へと続く強力な気場
⑤龍神水(不浄を洗い清める箱根山の霊水
⑥安産杉(子宝・安産スポット

芦ノ湖~平和の鳥居~正参道の石段~山上の箱根元宮まで、浄化力の高い龍道が通っているとのことで、このルートを歩いていると、自分の厄を落とせた気になります。

 

平和の鳥居は、撮影ポイントになっていて、いつも順番待ちの列ができています。

順番待ちが先頭から2番目になった時、1番目の人のカメラを受け取って、写真を撮ってあげるのが、ここのルールになってます。撮ってあげた後は、自分が次の人に撮ってもらいましょう。

参拝後は、境内の休憩所(権現からめもち)で「5色もち」を食べるのが、おすすめ!

 

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)