貴船まつり

貴船まつり 小早船(貴宮丸)
 

日本三大船祭り

貴船まつりは、宮城県の「塩竈みなと祭」、広島県の「厳島神社の管絃祭」とともに「日本三大船祭り」の一つです。毎年、7月27~28日に開催されます。

貴船まつり 真鶴港
貴船まつり 真鶴港

国の無形民俗文化財に指定されている貴船まつりは、豊漁、無病息災を祈願する真鶴伝統の海の祭礼。

古来より、貴船まつりは「恩返しのまつり」と言い伝えられており、漁業や海運業、石材業における大漁や安全の祈願とともに、日常の安泰な営みへの大いなる加護に深く感謝するお祭りです。

貴船まつり 小早船(東明丸)
貴船まつり 小早船(東明丸)

お祭りの大まかな流れは、
7月27日:水浮(進水式)、貴船神社へのお迎え、鹿島踊り奉納、神輿発輿祭(みこしはつよさい)、海上渡御、禊、仮殿祭、花山車(はなだし)着納

7月28日: 発輿祭、鹿島連・花山車・神輿連、囃子の町内巡行、お送り・海上渡御、貴船神社への還御、津島神社への鹿島踊り奉納

海上渡御では、先頭から、櫂伝馬(東西2隻)⇒ 小早船(東:東明丸、西:貴宮丸)⇒ 神輿船、その両脇を囃子船(東西2隻)の計7隻が航行します。

手漕ぎの櫂伝馬(かいでんま)2隻は、後続の小早船と神輿船を曳航するので、漕ぎ手の方は、相当の力が必要だと思われます。しかも、航行の途中から競漕も行われます。

あいにく、2018年は台風でお祭り自体が中止、2019年も風の影響で、海上渡御が中止となりました。

貴船まつり 小早船と囃子船
貴船まつり 小早船と囃子船

残念ながら海上渡御は、見ることができませんでしたが、今年はド迫力の神輿発輿祭は、見ることができました。

貴船まつり 神輿発輿祭(みこし はつよさい)
貴船まつり 神輿発輿祭(みこし はつよさい)

神輿発輿祭では、貴船神社の108段の急な階段を、大勢の担ぎ手と神輿が下りてくるという非常に見ごたえのあるシーンがあります。

貴船まつり 神輿発輿祭(みこし はつよさい)
貴船まつり 神輿発輿祭(みこし はつよさい)

事前にこの108段の階段を歩いてみましたが、とても神輿を担いで上り下りするなんて、自分には想像できないくらいの傾斜でした。

鹿島踊りは、浴衣姿に3色の色帯、揃いの手甲飾りをして、悪疫退散と大漁・海上安全を祈願する踊りです。

神輿が進む道には、必ずその前に、鹿島踊りや花山車が通り、神輿が通る前に道を清めるという意味があるそうです。

貴船まつり 鹿島踊り(かしまおどり)
貴船まつり 鹿島踊り(かしまおどり)

ここに来るまでは、規模的に大きな神社では無い貴船神社が執り行うお祭りが、なぜ国の無形民俗文化財に指定されているのかが、よく分かっていませんでしたが、実際にこのお祭りを見てみると、多くの真鶴の人達が、江戸時代からこのお祭りを大事に引き継いで来た深い想いが感じられ、納得することができました。

こちらへのアクセス

<電車の場合>
JR東海道線(普通)小田原駅 ⇒ 真鶴駅(13分)、真鶴駅から徒歩15分電車の場合> JR東海道線(普通)小田原駅 ⇒ 真鶴駅(13分)240円、真鶴駅から徒歩15分。もしくは、伊豆箱根バス ケープ真鶴路線の魚市場バス停下車(4分)170円

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ

 

夜のあじさい号

夜のあじさい号 大平台駅付近
 

夜の箱根の車窓から

こんなに電車の外を向いて景色を眺めたのは、子供時以来だと思ってしまうほど、大の大人が車窓に噛り付きます。

夜のあじさい号 箱根湯本駅の臨時ホーム
夜のあじさい号 箱根湯本駅の臨時ホーム

箱根登山鉄道では、あじさいの見頃に合わせて、全席予約指定制「夜のあじさい号」を臨時運転(箱根湯本駅~強羅駅間、片道約50分)しています。
(2019年の運転期間は、6月15日(土)~7月2日(火))

期間中、1日1~2往復の特別運行のため、事前に箱根登山鉄道のインターネット予約サイトで、予約しなければ乗車できません。
( 2019年の予約期間は、 6月3日(月)~6月29日(土)でしたが、予約開始2週間以内で、ほぼ売り切れてました)

料金は、大人310円・小児160円(片道)
上記の座席料金の他に、運賃(片道:箱根湯本駅~強羅駅 大人 400円・小児200円)が別途必要になります。

都心の鉄道会社では考えられないと思いますが、夜のあじさい号では、徐行や停車を繰り返しながらゆっくり進んでいくので、車窓から線路脇の幻想的なあじさいを思う存分、撮影できます。

夜のあじさい号 大平台駅付近
夜のあじさい号 大平台駅付近

ちょうど乗車した車両(クモハ1000型)は、窓が半分開けられる構造だったので、終始、窓を開けて、カメラを構えてました。

沿線6箇所(①箱根湯本駅付近、②大平台駅付近、③旧温泉幼稚園付近(宮 ノ下駅~小涌谷駅間)、④小涌谷駅付近、⑤車川(小涌谷駅~ 彫刻の森駅間)、⑥彫刻の森美術館付近 )にライトアップポイントがあり、そこでは、車内の全ての照明が消され、この特別電車ならではの演出があります。

2019年の沿線のライトアップ 期 間は、6月14日(金)~7月7日(日)の18時30分~22時00分となっており、ライトアップは通常の定期列車からも見ることができます。

夜の走行している車窓からの撮影は、画像がブレてしまったり、暗かったりで、なかなか難しいのですが、 ライトアップ箇所では、ちょっとの間、停車してくれるので、しっかり撮影できます。

沿線内のあじさいビューポイントは、数多くありますが、咲いている場所の位置関係から、車両の右側席と左側席で、7:3くらいの割合で、見易い側が存在します。

座席は事前に指定できないのですが、箱根湯本駅⇒強羅駅の場合は、箱根湯本駅出発時、進行方向最後尾車両の右側、強羅駅⇒箱根湯本駅の場合は、強羅駅出発時、進行方向先頭車両の右側 の座席に座れると、あじさいの見所を多く堪能できます。

夜のあじさい号 塔ノ沢駅ホーム
夜のあじさい号 塔ノ沢駅ホーム

宮ノ下駅(強羅行)もしくは、塔ノ沢駅(箱根湯本行) では、約10分間の停車でホームに降りられるので、絶好の撮影タイムです。

車掌さんや駅員さんが、快くカメラのシャッターを押してくれるので、あじさいの前で、あじさい電車のプラカードと駅員さんの帽子を被って、記念写真を撮っている方も多かったです。

他では聞けないユーモア溢れる車掌さんの車内アナウンスが、楽しさを倍増させてくれます。

夜のあじさい号 塔ノ沢駅ホーム
夜のあじさい号 塔ノ沢駅ホーム

スタッフの方々のおもてなしの心が、とても伝わってきて、心が和みました。
電車に乗ることに楽しさを感じたのは、久しぶりでした。

ちょっとしたグッズのお土産もあって、大満足!また来年も是非、乗車したいです!

こちらへのアクセス

<電車の場合>
小田原駅から、箱根登山鉄道に乗り換え、箱根湯本駅まで20分。
箱根湯本駅から強羅駅までは、通常40分。

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ

 

湖水祭

湖水祭 楽船
 

【九頭龍明神の祭典】

芦ノ湖の守護神、九頭龍明神の祭典である「湖水祭」は、毎年7月31日に行われます。

湖水祭は、箱根大名行列箱根強羅夏祭り大文字焼と並ぶ、箱根三大祭の一つです。

箱根神社での庭上の儀の後、御供船に乗った箱根神社宮司ただ一人が、湖心に出向き、九頭龍明神に御供物(三升三合三勺の赤飯)を供える一社伝来の特殊神事です。

湖水祭 御供船
湖水祭 御供船

御供物をお供えをする場所は、代々の宮司だけしか知らない極秘事項で、お供えを沈めたら振り返ることなく、戻ってこなくてはならないそうです。

年配者に教えてもらったのですが、
過去に一度だけ、お供えした赤飯が湖面に浮かんできたことがあるそうです。

それは、1923年(大正12年)。
その1か月後の9月1日に、あの関東大震災が起き、芦ノ湖周辺でも大きな被害が出たそうです。

厳かなお祭りに秘められた不思議なエピソードです。

御供船が湖上に出たあと、数百の灯籠が流され、約4,000発の花火が打ち上げられます。

湖水祭 花火大会
湖水祭 花火大会

湖水に浮かぶ筏から打ち上げられる花火は、かなり近距離のため、大輪に見え、また爆発音も大きく、とても迫力があります。

湖畔では、地元の太鼓や囃子、全国で活躍する和光太鼓グループが、一同に集まる「太鼓フェスティバル」も開催されるので、こちらも見ものです。

また夜店の数も多く、夏祭り気分を満喫できます。

隅田川や多摩川の花火大会の様な、激しい人混みでは無いので、ゆとりを持って、楽しむことができました。

帰りのバスは、そこそこ並びましたが、都心の大きなイベントに比べたら、全然、許容範囲内です。

湖畔のホテルに宿泊して、このお祭りを楽しめたら、最高ですね。

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)

阿弥陀寺

阿弥陀寺とあじさい
 

【箱根のあじさい寺】

江戸時代初期に木食遊行僧:弾誓(たんせい)上人が開いた浄土宗の山寺。

※木食(もくじき):穀断ちと呼ばれ、火食・肉食を避け、木の実・草のみを食べる修行を受けた僧のこと。

※遊行僧(ゆぎょうそう):寺に定住せず、諸国を遍歴して説法を教化した僧侶。

弾誓上人は、慶長9年(1604年)から6年間、塔之峰中腹にある洞窟で修行し、阿弥陀寺を開きました。

阿弥陀寺は、徳川家の菩提寺である東京都港区芝公園にある増上寺の末寺です。

 

38代目 水野賢正 住職が、一株ずつ植えたあじさいは、今や3,000株を越え、6月下旬~7月中旬頃になると、本堂までの山道を彩り、「あじさい寺」として多くの人々に親しまれています。

阿弥陀寺とあじさい
阿弥陀寺とあじさい

また、ご住職は、琵琶奏者としても有名な方で、5人以上集まれば、琵琶の演奏と講話を聴かせていただけるそうです。
(琵琶演奏+講話+抹茶+お菓子付き:1,000円)

 

本堂入口の頭上には、「百万遍転法輪」(数珠車)が掛かっています。

天明4年に造られたそうで、一周回すと般若心経を千回唱えたのと同じ功徳があるといわれています。

 

阿弥陀寺は、皇女和宮ゆかりの寺としても有名です。

和宮 親子内親王(かずのみや ちかこないしんのう)は、江戸幕府第14代将軍:徳川家茂の正室だった方で、脚気を患い、療養先の箱根塔ノ沢環翠楼にて、32歳の若さで亡くなられています。

その際、徳川将軍家の菩提寺芝・増上寺の末寺であった塔ノ沢の阿弥陀寺住職が、和宮の本葬に先立って、この阿弥陀寺で通夜・密葬を執り行い、その後、和宮の香華院(位牌をお祀りする寺)となりました。

阿弥陀寺 葵の御堂(皇女和宮の位牌を祀る御堂)
阿弥陀寺 葵の御堂(皇女和宮の位牌を祀る御堂)

 

阿弥陀寺で見かけた心惹かれる石仏群

 

こちらへのアクセスは、

車の方:国道1号線 箱根湯本駅から山側へ曲がり、フォレストアドベンチャー・箱根を通り過ぎて、すぐ。「女坂」を登っていくと、境内に8台停められる駐車場あり。

電車の方:箱根登山鉄道 塔ノ沢駅から、徒歩20分。

 

阿弥陀寺の参道は、2つあります。
①急な斜面に石や木の階段が設置されている男坂。途中に山門があります。

②道幅は狭いですが、舗装道になっている女坂。車で上がれます。

阿弥陀寺 女坂 入口
阿弥陀寺 女坂 入口

私が男坂を登り切ったところで、
ちょうど阿弥陀寺から帰る外国人旅行者の方々を、車で通り掛かったご住職が、同乗させて下まで送っていくところを見掛けました。

ご住職の親切なお人柄が伺えました。

 

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)

 

あじさい電車

あじさい電車
 

【不思議と電車を引き立ててくれる あじさいパワー】

毎年6月になると、箱根登山鉄道の大平台駅近くの線路脇は、あじさい電車の撮影ポイントになります。

大平台駅を降り、線路脇の小道を歩いてすぐの踏切周辺が、人気の撮影ポイントの一つです。

線路のすぐ近くで撮影できるので、きれいな写真が取れますが、逆にあまりにも近すぎるため、電車に接触する危険があり、十分な注意が必要です。

実際、カメラマンが多い週末などは、専任の誘導員(監視員)さんが、各踏切に配置され、危険が無い様に呼び掛けてくれています。

また、箱根湯本駅手前の線路脇では、ロマンスカーバージョンのあじさい電車も撮ることができます。

あじさいとロマンスカー(MSE60000形)
あじさいとロマンスカー(MSE60000形)

さらに...
6月中旬から7月初旬は、箱根の初夏の風物詩「夜のあじさい号」で、ライトアップされたあじさいを、座席指定の電車から楽しめます。

事前にインターネット予約(毎年、6月初旬から6月下旬まで)をする必要があり、運賃のほかに座席料金(大人310円、小学生160円)がかかりますが、記念撮影やライトアップポイントなど、いろいろ趣向を凝らしているので、おすすめです。
※2019年からインターネット予約のみに変更

 

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)