小田原梅まつり(曽我別所梅まつり)

小田原梅まつり 曽我梅林
 

梅の香りが心地よい

毎年、2月になると、小田原梅まつりが開催されます。(2020年は、2/1(土)~3/1(日)開催)

小田原梅まつりは小田原城址公園と曽我梅林がありますが、ここ曽我別所梅林では、富士の景色と35,000本の白梅の香りが楽しめます。

小田原梅まつり 流鏑馬
小田原梅まつり 流鏑馬

曽我の里に位置する曽我梅林は、別所、中河原、原の3地区で構成されており、各地区の農家が中心となって運営しています。とりわけここ別所会場は、最も梅林・お土産もの売り場・飲食・駐車場などの施設が充実しています。

小田原梅まつり 曽我梅林
小田原梅まつり 曽我梅林

神奈川県小田原では今から約600年以上も昔、北条氏の時代に梅の実を兵糧用にするため、城下に多くの梅の木が植えられました。それが江戸時代には、小田原藩主の大久保氏により梅の栽培が奨励され急速に増えました。さらに、箱根越えの拠点としての宿場町として、旅人の必需品(弁当の防腐、のどの渇きを癒す、健康食品)としても梅干が重宝されました。

その小田原の中で曽我梅林では、食用の梅を生産するとともにその花の美しさ、可憐さ、高貴さを楽しんでいただきたく、約40年ほど前に地元農家が実行委員会を作り、梅祭りを開催するに至りました。

小田原梅まつり 曽我梅林
小田原梅まつり 曽我梅林

曽我梅林は、中河原・原・別所(当地)の各梅林からなり、約35,000本の白梅が植えられています。食用梅の生産が目的のため、その殆どが白い花の白梅になっています。

別所梅林入園時間
梅林の畑(私有地)内へは開催期間中は自由に入れますが7:00~17:00まで

お車でお越しの方は.公道ですから何時からでも入れますが、駐車できる場所は、限定されます(会場案内マップを参照)。なお、9:00~16:00の間は交通規制が入ります。

小田原梅まつり 曽我梅林
小田原梅まつり 曽我梅林

花が見ごろで天気が良ければ、平日でも梅林周辺は混雑します。特に土日は県道72号線が渋滞する場合があります。駐車場も午前中には無料有料共に満車になってしまい、空き待ちです。

梅林には主に、十郎梅(梅干し専用)・白加賀(梅ジュース、梅エキス、梅酒などの加工用)・南高(梅干し、加工兼用)・枝垂れ梅(観賞用)とありますが、
およそ 十郎→ 南高・枝垂れ → 白加賀 の順番に咲いていきます。

梅の花は花持ちが良く、約1ヵ月間楽しめます。またここ別所梅林では、特産の十郎をはじめ、白加賀、南高、杉田、枝垂れ梅等、数多くの品種を栽培しているため、長い期間にわたって梅の花を楽しむことができます。ぜひ、曽我の里35,000本の梅の花を満喫してください。

曽我の里と流鏑馬】
 ここ曽我の里地域は鎌倉時代幕府の御家人として曽我太郎祐信一族が居を構えていました。この祐信に嫁いできたのが曽我物語で有名な『五郎・十郎』の母満江御前です。ここ曽我の里には多くの曽我物語に関する遺跡が点在しています。『吾妻鏡』によると兄弟の義父、祐信は弓馬の名人で“富士の巻狩り”の際、その高い功績から、源頼朝より褒賞を受けています。

【流鏑馬の由来】
 弓馬の術のうち、流鏑馬・犬追物・笠懸を〈騎射の三物〉といい、流鏑馬は弓馬の練習競技とは違い『天下泰平・五穀豊穣』を祈願する神事として伝承されて古くは『矢馳馬』といわれていました。欽明天皇(509-571)の御世、国内外で紛争がおきたので、乱世を憂い神功皇后・応神天皇を現在の宇佐八幡宮(大分県)におまつりし、天下泰平を祈願されたときに馬上から三つの的を射させたのが始まりとされています。

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ

 

夜のあじさい号

夜のあじさい号 大平台駅付近
 

夜の箱根の車窓から

こんなに電車の外を向いて景色を眺めたのは、子供時以来だと思ってしまうほど、大の大人が車窓に噛り付きます。

夜のあじさい号 箱根湯本駅の臨時ホーム
夜のあじさい号 箱根湯本駅の臨時ホーム

箱根登山鉄道では、あじさいの見頃に合わせて、全席予約指定制「夜のあじさい号」を臨時運転(箱根湯本駅~強羅駅間、片道約50分)しています。
(2019年の運転期間は、6月15日(土)~7月2日(火))

期間中、1日1~2往復の特別運行のため、事前に箱根登山鉄道のインターネット予約サイトで、予約しなければ乗車できません。
( 2019年の予約期間は、 6月3日(月)~6月29日(土)でしたが、予約開始2週間以内で、ほぼ売り切れてました)

料金は、大人310円・小児160円(片道)
上記の座席料金の他に、運賃(片道:箱根湯本駅~強羅駅 大人 400円・小児200円)が別途必要になります。

都心の鉄道会社では考えられないと思いますが、夜のあじさい号では、徐行や停車を繰り返しながらゆっくり進んでいくので、車窓から線路脇の幻想的なあじさいを思う存分、撮影できます。

夜のあじさい号 大平台駅付近
夜のあじさい号 大平台駅付近

ちょうど乗車した車両(クモハ1000型)は、窓が半分開けられる構造だったので、終始、窓を開けて、カメラを構えてました。

沿線6箇所(①箱根湯本駅付近、②大平台駅付近、③旧温泉幼稚園付近(宮 ノ下駅~小涌谷駅間)、④小涌谷駅付近、⑤車川(小涌谷駅~ 彫刻の森駅間)、⑥彫刻の森美術館付近 )にライトアップポイントがあり、そこでは、車内の全ての照明が消され、この特別電車ならではの演出があります。

2019年の沿線のライトアップ 期 間は、6月14日(金)~7月7日(日)の18時30分~22時00分となっており、ライトアップは通常の定期列車からも見ることができます。

夜の走行している車窓からの撮影は、画像がブレてしまったり、暗かったりで、なかなか難しいのですが、 ライトアップ箇所では、ちょっとの間、停車してくれるので、しっかり撮影できます。

沿線内のあじさいビューポイントは、数多くありますが、咲いている場所の位置関係から、車両の右側席と左側席で、7:3くらいの割合で、見易い側が存在します。

座席は事前に指定できないのですが、箱根湯本駅⇒強羅駅の場合は、箱根湯本駅出発時、進行方向最後尾車両の右側、強羅駅⇒箱根湯本駅の場合は、強羅駅出発時、進行方向先頭車両の右側 の座席に座れると、あじさいの見所を多く堪能できます。

夜のあじさい号 塔ノ沢駅ホーム
夜のあじさい号 塔ノ沢駅ホーム

宮ノ下駅(強羅行)もしくは、塔ノ沢駅(箱根湯本行) では、約10分間の停車でホームに降りられるので、絶好の撮影タイムです。

車掌さんや駅員さんが、快くカメラのシャッターを押してくれるので、あじさいの前で、あじさい電車のプラカードと駅員さんの帽子を被って、記念写真を撮っている方も多かったです。

他では聞けないユーモア溢れる車掌さんの車内アナウンスが、楽しさを倍増させてくれます。

夜のあじさい号 塔ノ沢駅ホーム
夜のあじさい号 塔ノ沢駅ホーム

スタッフの方々のおもてなしの心が、とても伝わってきて、心が和みました。
電車に乗ることに楽しさを感じたのは、久しぶりでした。

ちょっとしたグッズのお土産もあって、大満足!また来年も是非、乗車したいです!

こちらへのアクセス

<電車の場合>
小田原駅から、箱根登山鉄道に乗り換え、箱根湯本駅まで20分。
箱根湯本駅から強羅駅までは、通常40分。

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ

 

開成町あじさいまつり

開成町あじさいまつり
 

水田を縁取る あじさい(紫陽花)

「開成町あじさいまつり」は、「あじさいの里」として知られる田舎モダンな町、開成町の最大のイベントです。

開成町あじさいまつり
開成町あじさいまつり
開成町あじさいまつり
開成町あじさいまつり

こちらの開成町では、1977年(昭和52年)6月に、あじさいが町の花として制定されました。

開成町あじさいまつり
開成町あじさいまつり

そして、1988年(昭和63年)、あじさいを見に訪れる人が予想外に多いことから、あじさいの里を会場にした「開成町あじさいまつり」が初めて催され、その後、毎年6月上旬に開催されるようになりました。

東京ドーム約3.6個分の広大な水田地帯の中に、5,000株のあじさいが植栽されています。

植栽対象面積は17ha、植栽延長は10.6kmに及ぶそうです。

開成町あじさいまつり
開成町あじさいまつり

開成町あじさいまつりは、6月上旬の土曜日から、翌週の日曜日までの9日間の限定開催ですが、お祭りが終わった後も、こちらのあじさいは、6月下旬まで楽しめます。

あじさいまつりのメイン会場である「あじさい公園」は、特に週末、多くのイベントが催され、また多数のお店も出ることから、最も賑わう場所になっています。

開成町あじさいまつり
開成町あじさいまつり

出店の中で見つけた「あじさいまんじゅう」の彩りが、和菓子の様に綺麗でした。
中身は、こしあんになっていて、大変美味しかったです。

また、開成町が中心となって、あじさいの新品種「開成ブルー」が、2017年に開発されました。
2019年では、里の特設会場で2鉢のみの公開でしたが、2022年からは、里に植える計画だそうです。

開成町あじさいまつり
開成町あじさいまつり
こちらへのアクセス

<電車の場合>
①まつり期間中:小田急小田原線 開成駅下車、シャトルバスで10分(200円)

②まつり期間外:
・小田急小田原線 新松田駅下車、箱根登山バス(関本行(1番のりば))約8分「吉田神社入口」下車、徒歩1分
・ 小田急小田原線 開成駅下車、徒歩50分。もしくは、 開成駅のレンタルサイクル(4時間:500円 ※クレジットカード必要)

<車の場合>
あじさいの里周辺に、有料の臨時駐車場あり。(普通車1回500円)

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ

 

一の堰ハラネ春めき桜まつり

一の堰ハラネ春めき桜まつり
 

ピンク色の丘陵

あまり知られていませんが、南足柄市の怒田(ぬた)では、春に素晴らしい景色が見られます。

一の堰ハラネ春めき桜まつり
一の堰ハラネ春めき桜まつり

場所は、アサヒビール神奈川工場の近くで、JAかながわ西湘の福沢総合選果場の丘陵斜面!

約120本の春めき桜が、丘陵斜面をピンク色に覆いつくす景色は、圧巻です。

一の堰ハラネ春めき桜まつり
一の堰ハラネ春めき桜まつり

春めき桜が見ごろの3月中旬の土日に、こちらでは、桜まつりが開催されます。

一の堰ハラネ春めき桜まつり
一の堰ハラネ春めき桜まつり

春めき桜・・・もともと南足柄市内の農家などで彼岸の頃に咲いていた桜の枝から育成し、2000年3月に品種登録された、比較的新しい桜。

一般的な桜(ソメイヨシノなど)と比べて、2週間程度開花が早く、ふっくらと愛らしいピンクの花をつけます。また独特な桜餅にも似た優しい甘い香りがあるのも特徴です。

カンヒザクラとシナミザクラの交雑種の一つとされており、足柄桜と呼ばれたこともありました。

桜まつりでは、地元の農作物や特産物を販売しているブースもあって、賑わってました。

愛犬と来られている方も多かったです。桜を見ながら、ゆっくりとお散歩が楽しめます。

一の堰ハラネ春めき桜まつり
一の堰ハラネ春めき桜まつり
こちらへのアクセス

<電車の場合>
小田急小田原線 新松田駅から、箱根登山バス(関本行 1番のりば)で約10分(280円)、もしくは大雄山線大雄山駅から、箱根登山バス(新松田駅行 2番のりば)で約3分(170円)。バス停:足柄高校前下車、徒歩10分程度。

<車の場合>
駐車場は、JAかながわ西湘の福沢総合選果場を利用できますが、週末はとても混雑します。近くの福沢小学校や南足柄運動公園の駐車場に停めて、歩いてくる方が早いかも。

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ

 

やまきた桜まつり

やまきた桜まつり 夜桜
 

桜のトンネルに吸い込まれる電車

毎年、山北町では、桜の見頃の時期にあわせ「やまきた桜まつり」が開催されます。

お花見のベストポイントは、何といっても、約130本の桜が植えられているJR御殿場線の跨線橋。

やまきた桜まつり 桜並木と線路
やまきた桜まつり 桜並木と線路

3か所ある跨線橋のそれぞれで、桜と電車の見え方が少し違ってくるので、いろいろ見比べてみると良いと思います。

線路を囲む桜が、2両編成の御殿場線のローカル感を見事に引き立ててくれます。

桜まつりの期間中の土曜日は、山北鉄道公園で 「ソーラン山北よさこいフェスティバル」 のイベントも催され、多くの人が訪れます。

期間中は、御殿場線沿線の桜並木がライトップ(18:00~22:00)されるので、とても幻想的な雰囲気に!

ここは、神奈川県の「かながわのまちなみ100選」にも選ばれている特別な場所です。

やまきた桜まつり 夜桜
やまきた桜まつり 夜桜
こちらへのアクセス

<電車の場合>
御殿場線 山北駅から徒歩5分。

<車の場合>
期間中の週末は、非常に混雑するので、車はおすすめできません。
2駅隣の松田駅(東名高速道路 松田インター最寄り駅)周辺のコインパーキングに駐車して、御殿場線で来ることをおすすめします。

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)

 

延命寺ぼたんまつり

延命寺ぼたんまつり
 

牡丹に和傘がよく似合う

「東国花の寺百ヶ寺」に名を連ねる松田町の延命寺では、毎年4月29日に「花供養 まつだぼたん祭り」を開催しています。

東国花の寺百ヶ寺・・・関東1都6県の「花の寺」と称される寺院が集まり、平成13年3月に発会。現在は、103の寺院が加盟しており、延命寺は、神奈川11番。

延命寺ぼたんまつり
延命寺ぼたんまつり

こちらは別名「牡丹寺」と呼ばれ、約50種、500株の牡丹が、風情ある和傘の下で色鮮やかに咲き誇ります。見ごろは4月下旬から5月上旬。

和傘には、日差しや雨から牡丹を守る役目があるそうです。

祭り当日は、観音堂での花供養や、釈迦の誕生を祝う花まつり、弁天堂でのポックリ弁天供養などが行われるほか、茶会(有料)も開かれます。


こちらの延命寺は、正しくは萬松山延命寺といい、開山は文明4年(西暦1472年)久野村総世寺3世宗箇和尚(曹洞宗)です。開基は小田原北条氏家臣の遠山丹羽守直景です。

延命寺ぼたんまつり
延命寺ぼたんまつり

ちなみに、時代劇に出て来る桜吹雪の刺青で有名な遠山金四郎は、この遠山丹羽守直景の直系にあたる人だそうです。

このお寺には明治6年(西暦1873年)、松田小学校の前身となった貫穿舎が設置されていました。

延命寺ぼたんまつり
延命寺ぼたんまつり

参道や境内では、万霊塔、禁碑、山王権現塔などの石塔も数多く見ることができます。

こちらへのアクセス

<電車の場合>
JR御殿場線 松田駅、小田急小田原線 新松田駅から、徒歩5分

<車の場合>
東名高速大井松田ICから、国道255号・246号経由で5分
お寺には無料の駐車場が10台分ありますが、ぼたんまつり開催時は、新松田駅周辺のコインパーキングに停めて、徒歩で行かれるのが良いと思います。

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)

 

まつだ桜まつり

まつだ桜まつり
 

【一足先に春が来る場所】

毎年、2月上旬から3月上旬まで、早咲きの河津桜が、松田山の中腹に咲き誇ります。

まつだ桜まつり 遠景
まつだ桜まつり 遠景

2019年からは、桜まつり運営協力金(大人200円)を支払って入場することになりました。領収書と一緒に、綺麗な絵葉書(松田町の花)がもらえます。

年々、来場される方が増えてきているので、臨時駐車場の拡張や車両誘導員、案内係の方など、桜まつりの運営・管理にお金が必要なのでしょう。
毎年、一足先に、綺麗な桜が見れるのであれば、200円は安いものです。

河津桜と菜の花の色合いが、一足先に春を感じさせてくれます。

階段の登山道をゆっくり登りながら、桜と菜の花を見ていると、とても心が落ち着きます。

時折、メジロやヒヨドリが、桜の花の蜜を吸いに来ているのを見かけました。

コスプレイヤーの方々も、桜をバックに撮影されてました。やっぱり映えますね。

まつだ桜まつり 桜とコスプレイヤー
まつだ桜まつり 桜とコスプレイヤー

桜まつりの会場は、もともと、 関東の富士見100景のひとつ「西平畑公園」と呼ばれていて、ローラー滑り台や、ミニSL、こどもの館など、子供達も十分楽しめる場所です。

特に、見ごろになった週末は、大変混雑します。
(右側の橋が、新十文字橋。左奥の橋が十文字橋)

まつだ桜まつり 桜と車渋滞
まつだ桜まつり 桜と車渋滞

松田山中腹の駐車場(1,000円/台)は常に満車(70台)で、酒匂川に掛かる新十文字橋から大渋滞。(一年でこの時期しか渋滞しないのですが…(^^;)

※混雑時は、直接、松田山へ向かわずに、酒匂川河川敷の臨時駐車場(新十文字橋の隣(海側)の「十文字橋」の土手から、河川敷に降りたところ)を目指しましょう。

まつだ桜まつり 桜と飛行機雲
まつだ桜まつり 桜と飛行機雲

酒匂川河川敷の臨時駐車場代は、無料です。
また、酒匂川河川敷から、臨時のシャトルバス(片道150円 )が会場までピストン輸送しています。

JR松田駅と松田山中腹を結ぶシャトルバス(片道:大人150円、子供80円 )は、30分間隔で運行しています。

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)

寄(やどりき)ロウバイまつり

寄ロウバイまつり
 

【まるで黄色のイルミネーション】

「寄ロウバイまつり」は、毎年、1月中旬~2月中旬までの約1か月間(9時から16時まで)、開催されます。(入場料:300円)

寄ロウバイまつり
寄ロウバイまつり

「寄ロウバイまつり」の行われる寄ロウバイ園は、
平成16年(2004年)に、地元の人たちが荒廃農地を整備し、寄中学校の卒業生達が、250本のロウバイを記念植樹したのが始まりです。

植樹されたソシンロウバイは、現在では、約20,000本以上(敷地面積13,000平方メートル以上)となり、日本最大級のロウバイ園となりました。

蝋梅(ロウバイ)

ロウバイ科ロウバイ属の落葉広葉低木。(花言葉は、慈愛)
寒さの厳しい1月から2月にかけて、蝋細工の梅のような黄色い花をつけます。

葉よりも先に花が咲き、あたり一面に甘い香りが広がります。


寄ロウバイまつり
寄ロウバイまつり

園内の売店では、地元の農産物や松田名産の生姜の佃煮など、地元の特産品を販売しています。
また、うどんやいなりなどの軽食が食べられる食堂もあるので、園内を散策して小腹が空いたら、気軽に立ち寄れます。

寄ロウバイまつり
寄ロウバイまつり

結構人気なのは、切り花(300円)です。
ロウバイの枝2~3本を束ねて、販売してます。
自宅に持って帰って、リビングで水あげすれば、いつもの部屋の雰囲気がとても変わるので、おすすめです。

こちらへのアクセス

<電車の方>
JR御殿場線 松田駅南口、小田急小田原線 新松田駅北口より、富士急湘南バス 寄行きの乗り、終点の寄まで(約30分)

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)

 

p>

阿弥陀寺

阿弥陀寺とあじさい
 

【箱根のあじさい寺】

江戸時代初期に木食遊行僧:弾誓(たんせい)上人が開いた浄土宗の山寺。

※木食(もくじき):穀断ちと呼ばれ、火食・肉食を避け、木の実・草のみを食べる修行を受けた僧のこと。

※遊行僧(ゆぎょうそう):寺に定住せず、諸国を遍歴して説法を教化した僧侶。

弾誓上人は、慶長9年(1604年)から6年間、塔之峰中腹にある洞窟で修行し、阿弥陀寺を開きました。

阿弥陀寺は、徳川家の菩提寺である東京都港区芝公園にある増上寺の末寺です。

 

38代目 水野賢正 住職が、一株ずつ植えたあじさいは、今や3,000株を越え、6月下旬~7月中旬頃になると、本堂までの山道を彩り、「あじさい寺」として多くの人々に親しまれています。

阿弥陀寺とあじさい
阿弥陀寺とあじさい

また、ご住職は、琵琶奏者としても有名な方で、5人以上集まれば、琵琶の演奏と講話を聴かせていただけるそうです。
(琵琶演奏+講話+抹茶+お菓子付き:1,000円)

 

本堂入口の頭上には、「百万遍転法輪」(数珠車)が掛かっています。

天明4年に造られたそうで、一周回すと般若心経を千回唱えたのと同じ功徳があるといわれています。

 

阿弥陀寺は、皇女和宮ゆかりの寺としても有名です。

和宮 親子内親王(かずのみや ちかこないしんのう)は、江戸幕府第14代将軍:徳川家茂の正室だった方で、脚気を患い、療養先の箱根塔ノ沢環翠楼にて、32歳の若さで亡くなられています。

その際、徳川将軍家の菩提寺芝・増上寺の末寺であった塔ノ沢の阿弥陀寺住職が、和宮の本葬に先立って、この阿弥陀寺で通夜・密葬を執り行い、その後、和宮の香華院(位牌をお祀りする寺)となりました。

阿弥陀寺 葵の御堂(皇女和宮の位牌を祀る御堂)
阿弥陀寺 葵の御堂(皇女和宮の位牌を祀る御堂)

 

阿弥陀寺で見かけた心惹かれる石仏群

 

こちらへのアクセスは、

車の方:国道1号線 箱根湯本駅から山側へ曲がり、フォレストアドベンチャー・箱根を通り過ぎて、すぐ。「女坂」を登っていくと、境内に8台停められる駐車場あり。

電車の方:箱根登山鉄道 塔ノ沢駅から、徒歩20分。

 

阿弥陀寺の参道は、2つあります。
①急な斜面に石や木の階段が設置されている男坂。途中に山門があります。

②道幅は狭いですが、舗装道になっている女坂。車で上がれます。

阿弥陀寺 女坂 入口
阿弥陀寺 女坂 入口

私が男坂を登り切ったところで、
ちょうど阿弥陀寺から帰る外国人旅行者の方々を、車で通り掛かったご住職が、同乗させて下まで送っていくところを見掛けました。

ご住職の親切なお人柄が伺えました。

 

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)

 

山のホテル 庭園

小田急 山のホテル庭園
 

【箱根にあるスイスの庭園】

箱根の芦ノ湖畔で屈指のロケーションを誇る、本格リゾートホテルの庭園。

岩崎彌太郎(三菱の創業者)の甥である岩崎小彌太男爵(三菱4代目社長)の別邸跡地にあります。

別邸時代、岩崎男爵は庭園を整え、桟橋を作って、園遊会を催し、多くの人を別邸に招いて、もてなしたそうです。

小田急 山のホテル 庭園
小田急 山のホテル 庭園

小田急 山のホテル 庭園から望む富士山
小田急 山のホテル 庭園から望む富士山

別邸は1948年(昭和23年)に小田急グループへ移り、「山のホテル」に名前は変わりましたが、おもてなしの心は、今も受け継がれています。

1965年(昭和40年)頃から、毎年5月に「つつじ・しゃくなげフェア」が開催されるようになって、五十数年。

庭園にある、ツツジ約30種3,000株と、シャクナゲ約20種300株を見に、毎年、多くの観光客がこちらを訪れています。

ホテルの角を曲がって庭園に入ると、富士山に向かって、木花が整列している姿に圧倒されます。とても計算された配置になっていると、素人ながらに思いました。

小田急 山のホテル庭園
小田急 山のホテル庭園

色とりどりのツツジの中を散策すると、きっと、手元の花を見て楽しみ、遠目の丸みのあるグラデーションで二度楽しめると思います。

小田急 山のホテル 庭園
小田急 山のホテル 庭園

※下の写真は、残念ながら、時季を逃してしまいましたが、景観はいつ来ても、変わらず、美しいと思いました。

こちらは、箱根神社から、徒歩5分ほどの場所にあるので、箱根神社の参拝後、立ち寄ってみては、いかがでしょうか。

庭園の見学料は、つつじ・しゃくなげフェア期間中のみ:800円。それ以外の期間は、無料です。

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)