夜のあじさい号

夜のあじさい号 大平台駅付近
 

夜の箱根の車窓から

こんなに電車の外を向いて景色を眺めたのは、子供時以来だと思ってしまうほど、大の大人が車窓に噛り付きます。

夜のあじさい号 箱根湯本駅の臨時ホーム
夜のあじさい号 箱根湯本駅の臨時ホーム

箱根登山鉄道では、あじさいの見頃に合わせて、全席予約指定制「夜のあじさい号」を臨時運転(箱根湯本駅~強羅駅間、片道約50分)しています。
(2019年の運転期間は、6月15日(土)~7月2日(火))

期間中、1日1~2往復の特別運行のため、事前に箱根登山鉄道のインターネット予約サイトで、予約しなければ乗車できません。
( 2019年の予約期間は、 6月3日(月)~6月29日(土)でしたが、予約開始2週間以内で、ほぼ売り切れてました)

料金は、大人310円・小児160円(片道)
上記の座席料金の他に、運賃(片道:箱根湯本駅~強羅駅 大人 400円・小児200円)が別途必要になります。

都心の鉄道会社では考えられないと思いますが、夜のあじさい号では、徐行や停車を繰り返しながらゆっくり進んでいくので、車窓から線路脇の幻想的なあじさいを思う存分、撮影できます。

夜のあじさい号 大平台駅付近
夜のあじさい号 大平台駅付近

ちょうど乗車した車両(クモハ1000型)は、窓が半分開けられる構造だったので、終始、窓を開けて、カメラを構えてました。

沿線6箇所(①箱根湯本駅付近、②大平台駅付近、③旧温泉幼稚園付近(宮 ノ下駅~小涌谷駅間)、④小涌谷駅付近、⑤車川(小涌谷駅~ 彫刻の森駅間)、⑥彫刻の森美術館付近 )にライトアップポイントがあり、そこでは、車内の全ての照明が消され、この特別電車ならではの演出があります。

2019年の沿線のライトアップ 期 間は、6月14日(金)~7月7日(日)の18時30分~22時00分となっており、ライトアップは通常の定期列車からも見ることができます。

夜の走行している車窓からの撮影は、画像がブレてしまったり、暗かったりで、なかなか難しいのですが、 ライトアップ箇所では、ちょっとの間、停車してくれるので、しっかり撮影できます。

沿線内のあじさいビューポイントは、数多くありますが、咲いている場所の位置関係から、車両の右側席と左側席で、7:3くらいの割合で、見易い側が存在します。

座席は事前に指定できないのですが、箱根湯本駅⇒強羅駅の場合は、箱根湯本駅出発時、進行方向最後尾車両の右側、強羅駅⇒箱根湯本駅の場合は、強羅駅出発時、進行方向先頭車両の右側 の座席に座れると、あじさいの見所を多く堪能できます。

夜のあじさい号 塔ノ沢駅ホーム
夜のあじさい号 塔ノ沢駅ホーム

宮ノ下駅(強羅行)もしくは、塔ノ沢駅(箱根湯本行) では、約10分間の停車でホームに降りられるので、絶好の撮影タイムです。

車掌さんや駅員さんが、快くカメラのシャッターを押してくれるので、あじさいの前で、あじさい電車のプラカードと駅員さんの帽子を被って、記念写真を撮っている方も多かったです。

他では聞けないユーモア溢れる車掌さんの車内アナウンスが、楽しさを倍増させてくれます。

夜のあじさい号 塔ノ沢駅ホーム
夜のあじさい号 塔ノ沢駅ホーム

スタッフの方々のおもてなしの心が、とても伝わってきて、心が和みました。
電車に乗ることに楽しさを感じたのは、久しぶりでした。

ちょっとしたグッズのお土産もあって、大満足!また来年も是非、乗車したいです!

こちらへのアクセス

<電車の場合>
小田原駅から、箱根登山鉄道に乗り換え、箱根湯本駅まで20分。
箱根湯本駅から強羅駅までは、通常40分。

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ

 

開成町あじさいまつり

開成町あじさいまつり
 

水田を縁取る あじさい(紫陽花)

「開成町あじさいまつり」は、「あじさいの里」として知られる田舎モダンな町、開成町の最大のイベントです。

開成町あじさいまつり
開成町あじさいまつり
開成町あじさいまつり
開成町あじさいまつり

こちらの開成町では、1977年(昭和52年)6月に、あじさいが町の花として制定されました。

開成町あじさいまつり
開成町あじさいまつり

そして、1988年(昭和63年)、あじさいを見に訪れる人が予想外に多いことから、あじさいの里を会場にした「開成町あじさいまつり」が初めて催され、その後、毎年6月上旬に開催されるようになりました。

東京ドーム約3.6個分の広大な水田地帯の中に、5,000株のあじさいが植栽されています。

植栽対象面積は17ha、植栽延長は10.6kmに及ぶそうです。

開成町あじさいまつり
開成町あじさいまつり

開成町あじさいまつりは、6月上旬の土曜日から、翌週の日曜日までの9日間の限定開催ですが、お祭りが終わった後も、こちらのあじさいは、6月下旬まで楽しめます。

あじさいまつりのメイン会場である「あじさい公園」は、特に週末、多くのイベントが催され、また多数のお店も出ることから、最も賑わう場所になっています。

開成町あじさいまつり
開成町あじさいまつり

出店の中で見つけた「あじさいまんじゅう」の彩りが、和菓子の様に綺麗でした。
中身は、こしあんになっていて、大変美味しかったです。

また、開成町が中心となって、あじさいの新品種「開成ブルー」が、2017年に開発されました。
2019年では、里の特設会場で2鉢のみの公開でしたが、2022年からは、里に植える計画だそうです。

開成町あじさいまつり
開成町あじさいまつり
こちらへのアクセス

<電車の場合>
①まつり期間中:小田急小田原線 開成駅下車、シャトルバスで10分(200円)

②まつり期間外:
・小田急小田原線 新松田駅下車、箱根登山バス(関本行(1番のりば))約8分「吉田神社入口」下車、徒歩1分
・ 小田急小田原線 開成駅下車、徒歩50分。もしくは、 開成駅のレンタルサイクル(4時間:500円 ※クレジットカード必要)

<車の場合>
あじさいの里周辺に、有料の臨時駐車場あり。(普通車1回500円)

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ

 

厳島湿生公園 竹灯篭の夕べ

厳島湿生公園 竹灯篭の夕べ
 

ワクワクする夕暮れ

「竹灯篭の夕べ」は、毎年、5月下旬の土曜日に厳島湿生公園で開催されるイベントで、竹林再生事業の一環として、平成18年度から始まりました。

厳島湿生公園 竹灯篭の夕べ
厳島湿生公園 竹灯篭の夕べ

竹林整備によって出た竹を手作りで「灯篭」にして、厳島湿生公園に並べ、その幽玄な雰囲気を楽しむイベントです。  

厳島湿生公園 竹灯篭の夕べ
厳島湿生公園 竹灯篭の夕べ

約2haの公園内の木道等に設置された3,000本を超える竹灯篭に火が灯ります。
(点灯開始17:30 ~ 消灯20:30 までの3時間)

日が暮れてくると共に、灯篭の火の揺らめき、水面に映る景色など幻想的な雰囲気が増していきます。

子連れの家族も多く、普段と違った雰囲気に、多くの子供達が興奮している様でした。
一足早い夏まつりの感じです。

厳島湿生公園 竹灯篭の夕べ
厳島湿生公園 竹灯篭の夕べ

手作りの竹灯篭には、様々な形の彫りがあって、ろうそくの火で、柔らかな絵が浮かび上がります。

思わず微笑んでしまう可愛らしい灯篭もたくさんありました。

また、イベント本部には、多くの出店があり、賑わってました。

なかでも地元で採れた竹の子が入った「孟宗汁(竹の子汁)」は、竹の子の食感が心地よくて、とても美味しかったです。
元気に声を掛けて売っている地元のおじさん達も、非常に味がありました。

中井町の公式キャラクター「なかまる」も遊びに来ていましたよ。

厳島湿生公園 竹灯篭の夕べ
厳島湿生公園 竹灯篭の夕べ

なかまる・・・町の鳥シラサギが羽ばたく姿をメインにした被りモノに、町の花キキョウ、町の木キンモクセイをあしらい、背中に神奈川県域のイラストに中井町の位置と「NAKAI ここ」の文字を添え、歴史と文化に育まれた自然ゆたかな中井町の存在を全身でアピールしている。

ゆるキャラ百科事典「ゆるペディア」
こちらへのアクセス

<電車の場合>
小田急線秦野駅下車、 神奈川中央交通バス(井ノ口・団地中央経由二宮駅北口行(秦60・91系統) 秦野駅南口1・2番のりば)で約20分(270円)「北窪入口バス停」下車、徒歩1分。

<車の場合>
公園の駐車場(20台程度)は閉鎖されるため、ちょっと離れた場所に、臨時駐車場(テルモ(株)研究開発センター)が500台設営されます。臨時駐車場から会場までは徒歩10分程度で、シャトルバスも運行されます。

厳島湿生公園 竹灯篭の夕べ
厳島湿生公園 竹灯篭の夕べ

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ

 

一の堰ハラネ春めき桜まつり

一の堰ハラネ春めき桜まつり
 

ピンク色の丘陵

あまり知られていませんが、南足柄市の怒田(ぬた)では、春に素晴らしい景色が見られます。

一の堰ハラネ春めき桜まつり
一の堰ハラネ春めき桜まつり

場所は、アサヒビール神奈川工場の近くで、JAかながわ西湘の福沢総合選果場の丘陵斜面!

約120本の春めき桜が、丘陵斜面をピンク色に覆いつくす景色は、圧巻です。

一の堰ハラネ春めき桜まつり
一の堰ハラネ春めき桜まつり

春めき桜が見ごろの3月中旬の土日に、こちらでは、桜まつりが開催されます。

一の堰ハラネ春めき桜まつり
一の堰ハラネ春めき桜まつり

春めき桜・・・もともと南足柄市内の農家などで彼岸の頃に咲いていた桜の枝から育成し、2000年3月に品種登録された、比較的新しい桜。

一般的な桜(ソメイヨシノなど)と比べて、2週間程度開花が早く、ふっくらと愛らしいピンクの花をつけます。また独特な桜餅にも似た優しい甘い香りがあるのも特徴です。

カンヒザクラとシナミザクラの交雑種の一つとされており、足柄桜と呼ばれたこともありました。

桜まつりでは、地元の農作物や特産物を販売しているブースもあって、賑わってました。

愛犬と来られている方も多かったです。桜を見ながら、ゆっくりとお散歩が楽しめます。

一の堰ハラネ春めき桜まつり
一の堰ハラネ春めき桜まつり
こちらへのアクセス

<電車の場合>
小田急小田原線 新松田駅から、箱根登山バス(関本行 1番のりば)で約10分(280円)、もしくは大雄山線大雄山駅から、箱根登山バス(新松田駅行 2番のりば)で約3分(170円)。バス停:足柄高校前下車、徒歩10分程度。

<車の場合>
駐車場は、JAかながわ西湘の福沢総合選果場を利用できますが、週末はとても混雑します。近くの福沢小学校や南足柄運動公園の駐車場に停めて、歩いてくる方が早いかも。

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ