あしがり郷 瀬戸屋敷 ひなまつり

あしがり郷 瀬戸屋敷 ひなまつり
 

【心温まる ひな人形】

あしがり郷 瀬戸屋敷では、 毎年、2月中旬から3月3日まで、ひなまつりが開催されます。

あしがり郷 瀬戸屋敷 ひなまつり
あしがり郷 瀬戸屋敷 ひなまつり

入場料は大人400円、中学生以下は無料です。

7,000個以上ある「つるし雛」は、よく見ると、一つ一つが可愛らしいキャラクター!
地元の婦人会の方が、手作りされているそうで、愛情を感じます。

とても珍しい地元の蔵から発見された300年前の「享保雛」も見ることができます。

あしがり郷 瀬戸屋敷 ひなまつりの享保雛
あしがり郷 瀬戸屋敷 ひなまつりの享保雛

享保雛・・・江戸時代に流行した面長の衣裳着雛。寛永雛から発達したとされるもので、面長な顔に切れ長な目、能面に似た静かな表情をしているのが特長。衣裳は装飾性に冨み、町雛として愛用されました。

離れの土蔵には、大吊るし雛(直径1.5m×高さ2.4mの吊し雛)が飾られており、一際、存在感があります。

また、こども着物体験コーナー(一人200円)があり、可愛らしい着物を着て、写真に写る女の子が印象的でした。

母屋には土間があり、そこの囲炉裏を囲んで、おでん380円、おしるこ250円、甘酒200円が頂けます。都会では味わうことのできない田舎ならではの癒し空間です。

あしがり郷 瀬戸屋敷 ひなまつりの囲炉裏
あしがり郷 瀬戸屋敷 ひなまつりの囲炉裏

ひなまつり開催中は、小田急小田原線の開成駅からシャトルバスが出ています。
大人210円、子供110円

こちらへのアクセス

こちらへのアクセスは、こちらの記事をご参照下さい。

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)

 

まつだ桜まつり

まつだ桜まつり
 

【一足先に春が来る場所】

毎年、2月上旬から3月上旬まで、早咲きの河津桜が、松田山の中腹に咲き誇ります。

まつだ桜まつり 遠景
まつだ桜まつり 遠景

2019年からは、桜まつり運営協力金(大人200円)を支払って入場することになりました。領収書と一緒に、綺麗な絵葉書(松田町の花)がもらえます。

年々、来場される方が増えてきているので、臨時駐車場の拡張や車両誘導員、案内係の方など、桜まつりの運営・管理にお金が必要なのでしょう。
毎年、一足先に、綺麗な桜が見れるのであれば、200円は安いものです。

河津桜と菜の花の色合いが、一足先に春を感じさせてくれます。

階段の登山道をゆっくり登りながら、桜と菜の花を見ていると、とても心が落ち着きます。

時折、メジロやヒヨドリが、桜の花の蜜を吸いに来ているのを見かけました。

コスプレイヤーの方々も、桜をバックに撮影されてました。やっぱり映えますね。

まつだ桜まつり 桜とコスプレイヤー
まつだ桜まつり 桜とコスプレイヤー

桜まつりの会場は、もともと、 関東の富士見100景のひとつ「西平畑公園」と呼ばれていて、ローラー滑り台や、ミニSL、こどもの館など、子供達も十分楽しめる場所です。

特に、見ごろになった週末は、大変混雑します。
(右側の橋が、新十文字橋。左奥の橋が十文字橋)

まつだ桜まつり 桜と車渋滞
まつだ桜まつり 桜と車渋滞

松田山中腹の駐車場(1,000円/台)は常に満車(70台)で、酒匂川に掛かる新十文字橋から大渋滞。(一年でこの時期しか渋滞しないのですが…(^^;)

※混雑時は、直接、松田山へ向かわずに、酒匂川河川敷の臨時駐車場(新十文字橋の隣(海側)の「十文字橋」の土手から、河川敷に降りたところ)を目指しましょう。

まつだ桜まつり 桜と飛行機雲
まつだ桜まつり 桜と飛行機雲

酒匂川河川敷の臨時駐車場代は、無料です。
また、酒匂川河川敷から、臨時のシャトルバス(片道150円 )が会場までピストン輸送しています。

JR松田駅と松田山中腹を結ぶシャトルバス(片道:大人150円、子供80円 )は、30分間隔で運行しています。

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)