金時山

金時山 山頂から見た仙石原と芦ノ湖
 

【身近にあった天下の秀峰】


金時山(きんときやま 又は、きんときさん)は、箱根山の北西部に位置する標高1,212mの山です。日本三百名山のひとつ。

金時山の山頂
金時山の山頂

箱根外輪山の最高峰。

山頂付近の傾斜が非常に急で、遠くから見ると、顔から急に突き出たイノシシの鼻のように見えるため、かつては猪鼻嶽(いのはなだけ)や猪鼻ヶ嶽(いのはながたけ)と呼ばれていました。

展望がよく、初心者でも手軽に登れることから箱根の山では最も登山者が多く、いろいろな登山ルートが整備されています。

金時山 山頂付近から見る江の島
金時山 山頂付近から見る江の島

足柄峠ルート・・・登り160分
地蔵堂(60分)→ 足柄万葉公園(10分)→ 足柄峠(90分)→ 金時山

東側の登山ルートの中で、最も気軽に来ることができるルート。
足柄峠から、さらに脇道に入り、砂利道を進むと、車止めゲートのある金時山登山口駐車場(車20台は停められるスペースあり)に出ます。

駐車場から猪鼻砦跡までは、比較的平坦な道で歩き易く、金時山の山頂まで、1時間ほどで登れるため、 結構、利用される方が多いです。

金時山 山頂から見た箱根山・芦ノ湖
金時山 山頂から見た箱根山・芦ノ湖

地蔵堂ルート・・・登り145分
地蔵堂(15分)→ 夕日の滝(130分)→ 金時山
金太郎が産湯をつかったと伝えられる夕日の滝や金太郎の遊び石など、足柄山の金太郎伝説を訪ねながら、金時山を目指すコースです。沢沿いを歩く道で、金太郎ハイキングコースの名で親しまれています。

乙女峠ルート・・・登り105分
乙女口(40分)→ 乙女峠(20分)→ 長尾山(45分)→ 金時山
乙女峠から金時山山頂までは、外輪山の尾根道となり、なだらかな山頂の長尾山を経て、金時山へ向かいます。

金時山 山頂から見た仙石原と芦ノ湖
金時山 山頂から見た仙石原と芦ノ湖

仙石原ルート・・・登り110分
金時登山口(40分)→ 矢倉沢峠(30分)→ 公家神社分岐(40分)→ 金時山
よく整備されていて歩きやすい道が続く人気のコース。展望の良い尾根歩きが楽しめます。

金時山の山頂
金時山の山頂

金時神社ルート・・・登り110分
金時神社入口(70分)→ 公家神社分岐(40分)→ 金時山
金時神社に無料駐車場があり、アクセスし易いです。金太郎が夜露をしのいだという「金時宿り石」が見れます。

金時山 山頂
金時山 山頂

しかし、写真で分かるように山頂付近は傾斜が急なため、難易度は低いものの、どのコースも山頂付近にはロープやクサリ場がありますので、くれぐれも油断しない様に。

金時山の山頂には、2軒の茶屋があって、ハイカーのオアシス的な存在になってます。
金時茶屋で注文せずに、外のテーブルに座っていると、癖のある金時娘(おばあちゃん)に怒られますので、気を付けて下さい(^^;)きのこ汁が一押し。

一方、金太郎茶屋では、「まさカリーうどん」が人気です。
こちらの茶屋の方が、親しみやすいと感じているハイカーも多い様です。

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)

 

箱根ロープウェイ

箱根ロープウェイ 早雲山駅~大涌谷駅間
 

【24分間の絶景アトラクション】

※2019年11月15日に、大涌谷周辺の立入規制が解除されました。
約半年ぶりに、大涌谷駅舎外の散策を楽しむことができるようになりました。これにより、大涌谷周辺道路の大渋滞が予想されるため、車の方は、箱根ロープウェイの桃源台駅、姥子駅の駐車場を利用し、ロープウェイでのアクセスをお勧めします。尚、早雲山駅駐車場は台風19号の被害により使用できません。

<ご注意> 2019年10月13日の台風 19 号の被害による箱根エリア内の交通機関の運行の運行状況 
【箱根登山鉄道:箱根湯本駅~強羅駅】 土砂崩れによる橋脚流失や電柱倒壊、道路からの雨水流入による道床流出 等のため、当分の間、運休になるとのことです。復旧には長期間要するらしく、復旧は2020年になる見込み。まず、箱根湯本駅~宮ノ下駅間は、登山バスへの振替輸送を実施するとのことです。

【箱根登山ケーブルカー:強羅駅~早雲山駅】10月19 日より運行再開。

【箱根ロープウェイ:早雲山駅~姥子駅】10月26日より約5か月ぶりに全線の運行を再開。箱根山の噴火警戒レベルが「1」に引き下げられたうえ、台風19号の被害により県道734号線が通行止めになっていることから、観光のルートを確保するのを狙いに決定。
但し、大涌谷への立入規制は継続しているため、大涌谷駅舎外に出ることはできません。ロープウェイ連絡(乗り換え)のみです。

【箱根海賊船】10月19 日より運航再開。

※噴火警戒レベルの引き上げに伴い運休していた箱根ロープウェイは、2019年9月21日、姥子駅~桃源台駅間(芦ノ湖側)で、4か月ぶりに運転を再開しました。
早雲山駅~姥子駅間は引き続き運休しており、代行バスが運行しています。(大涌谷には行けません)

※2019年5月19日に、「大涌谷周辺への火口周辺警報」が気象庁より発表されました。
噴火警戒レベルが、レベル1(活火山であることに留意)⇒ レベル2(火口周辺規制)へ引上げられた為、大涌谷園地への立ち入りが規制され、それに伴い、箱根ロープウェイも現在、全線運休中です。ご注意下さい。

箱根ロープウェイには4つの駅(早雲山駅、大涌谷駅、姥子駅、桃源台駅)があり、約4km/24分間の空中散歩が楽しめます。

箱根ロープウェイ 大涌谷駅近く
箱根ロープウェイ 大涌谷駅近く

ゴンドラは、秒速3~5m(10.8~18km/h)で移動し、1時間あたりの輸送人数は、約1,440人。

18人乗りのゴンドラが、約1分間隔で運行してます。
営業時間は、2~11月 9:00~17:00、12~1月 9:00~16:15
※ 霧や強風で運休となることもあるので、ご注意下さい 。

箱根ロープウェイ
箱根ロープウェイ

早雲山と神山の横を通りながら、大涌谷、富士山、芦ノ湖の絶景ポイントを堪能!

早雲山駅・・・東側の起点駅で、箱根登山ケーブルカーからの乗り継いが可能。

大涌谷駅・・・早雲山方面と桃源台方面で、のりばが異なる乗り換えの駅。

箱根ロープウェイ 大涌谷駅近く
箱根ロープウェイ 大涌谷駅近く

姥子駅・・・大涌谷駅~桃源台駅間の中間駅で、進行方向を屈曲させるために必要な駅。

桃源台駅・・・西側の起点駅で、箱根海賊船、小田急箱根高速バス、箱根登山バスの発着所が集まる乗り継ぎポイント。

【東側起点】早雲山駅 ⇒ 大涌谷駅、大涌谷駅 ⇒ 桃源台駅 間は、ゴンドラの前席がおすすめ。

【西側起点】桃源台駅 ⇒ 大涌谷駅 間は、ゴンドラの後席、大涌谷駅 ⇒ 早雲山駅 間は、ゴンドラの前席がおすすめです。

特に、混雑期(ゴールデンウイーク、お盆、あじさい・紅葉時期の週末)の午前中は、ロマンスカーで来られた方が、箱根湯本駅 ⇒ 強羅駅 ⇒ 早雲山駅 と乗り継いで来るため、早雲山駅で箱根ロープウェイ待ちの行列ができるので、ご注意下さい。
※混雑期は、西側起点の利用が狙い目です。

箱根ロープウェイ 早雲山駅のりば
箱根ロープウェイ 早雲山駅のりば

箱根ロープウェイの他に、海賊船やケーブルカーの利用も考えている方は、「箱根フリーパス」が断然お得です。

詳しくは、こちらのブログに書いてますので、参照下さい。

・標準の料金は、こちら

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)

 

寄(やどりき)ロウバイまつり

寄ロウバイまつり
 

【まるで黄色のイルミネーション】

「寄ロウバイまつり」は、毎年、1月中旬~2月中旬までの約1か月間(9時から16時まで)、開催されます。(入場料:300円)

寄ロウバイまつり
寄ロウバイまつり

「寄ロウバイまつり」の行われる寄ロウバイ園は、
平成16年(2004年)に、地元の人たちが荒廃農地を整備し、寄中学校の卒業生達が、250本のロウバイを記念植樹したのが始まりです。

植樹されたソシンロウバイは、現在では、約20,000本以上(敷地面積13,000平方メートル以上)となり、日本最大級のロウバイ園となりました。

蝋梅(ロウバイ)

ロウバイ科ロウバイ属の落葉広葉低木。(花言葉は、慈愛)
寒さの厳しい1月から2月にかけて、蝋細工の梅のような黄色い花をつけます。

葉よりも先に花が咲き、あたり一面に甘い香りが広がります。


寄ロウバイまつり
寄ロウバイまつり

園内の売店では、地元の農産物や松田名産の生姜の佃煮など、地元の特産品を販売しています。
また、うどんやいなりなどの軽食が食べられる食堂もあるので、園内を散策して小腹が空いたら、気軽に立ち寄れます。

寄ロウバイまつり
寄ロウバイまつり

結構人気なのは、切り花(300円)です。
ロウバイの枝2~3本を束ねて、販売してます。
自宅に持って帰って、リビングで水あげすれば、いつもの部屋の雰囲気がとても変わるので、おすすめです。

こちらへのアクセス

<電車の方>
JR御殿場線 松田駅南口、小田急小田原線 新松田駅北口より、富士急湘南バス 寄行きの乗り、終点の寄まで(約30分)

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)

 

p>