報徳二宮神社

報徳二宮神社 三の鳥居と御社殿
 

あの小学校の銅像で有名な二宮金次郎さんの神社

明治27年(1894年)4月、二宮尊徳の教えを慕う当時の6カ国の報徳社(伊勢、三河、遠江、駿河、甲斐、相模)の総意により、御祭神として、生誕地である小田原の小田原城二の丸小峰曲輪の一角に神社が創建されました。

報徳二宮神社 三の鳥居と御社殿
報徳二宮神社 三の鳥居と御社殿

明治42年(1909年)に本殿・幣殿を新築、拝殿を改築し、神宛を拡張し現在の社地の景観が整えられています。

平成6年(1994年)には、創建百年記念奉告祭が執り行われました 。

報徳二宮神社 一の鳥居
報徳二宮神社 一の鳥居

平成27年(2015年)報徳二宮神社例大祭では、城址口鳥居が竣工。
伊勢の神宮より、第62回神宮式年遷宮での古材を拝領して、こちらの鳥居が建立されたそうです。

報徳二宮神社 城址口の鳥居
報徳二宮神社 城址口の鳥居

また、報徳二宮神社は、学問の神様として、合格祈願に多くの受験生がお参りすることでも有名です。
(うちの長男も高校・大学受験の際に、お世話になりました)

報徳二宮神社の二宮金次郎像
報徳二宮神社の二宮金次郎像

報徳二宮神社は、小田原城のすぐ隣なので、小田原城址公園 ⇒ 小田原城 ⇒ 報徳二宮神社の観光コースをおすすめします。

二宮金次郎武士の位を授けられてからは二宮尊徳)

天明7年(1787年)、相模国栢山村(今の小田原市栢山)の豊かな農家に生まれましたが、再三にわたる酒匂川の氾濫で田畑を流され、家は没落し、過労により両親は亡くなり、兄弟はばらばらに親戚の家に預けられました。

金次郎は 、朝暗いうちから夜遅くまで汗と泥にまみれて一生懸命働き、その間余裕ができればわずかな時間も無駄にせず勉強をして、先人の教えを理解しようとしました。(その素晴らしい教えが、あの有名な銅像に込められています)

自然の恵みと人の力の素晴らしさを知ると共に、小さな努力の積み重ねが大切(積小為大)だと学び、一生懸命努力して24歳までに一家を再興。

そして、小田原藩家老服部家の財政再建をはじめ、藩主大久保忠真候の依頼により分家宇津家の桜町領を復興させ、自分の体験をもとにして、大名旗本等の財政再建や600余りの農村復興など多くの素晴らしい成果をあげました。

報徳二宮神社の二宮尊徳翁像
報徳二宮神社の二宮尊徳翁像

社地の中には、二宮尊徳に因んだ現代風のおしゃれな「きんじろうカフェ」 があります。
本格イタリアンコーヒーや江戸時代に二宮金治郎が食べていた食事の「呉汁」など頂けます。

神社の中でのコーヒータイムは、不思議なくらい心が落ち着きます。
この特別な場所で飲むコーヒーは、おすすめです。

こちらへのアクセス

<電車の方>
JR小田原駅東口より、徒歩15分

<自動車の方>
報徳二宮神社には、有料駐車場がありますが、桜や藤の時期、七五三祝いの時期は、周辺の駐車場も含めて、非常に混雑するので、ご注意下さい。

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)

 

p>

地蔵堂

地蔵堂と馬頭尊の石碑
 

【箱根外輪山ハイキングの拠点】

かつては誓広寺という寺院がありましたが、そのお堂だけが残って、現在の地蔵堂となっているそうです。

地蔵堂の扁額
地蔵堂の扁額

地蔵堂は、箱根登山バスの終着駅となっており、金太郎が産湯をつかった滝と伝えられている夕日の滝や金太郎遊び石などの観光スポットが、周辺にあります。

また、足柄万葉公園、足柄峠、金時山、明神ヶ岳、矢倉岳へのハイキングコースの出発地点として、多くのハイカーに利用されています。

地蔵堂を訪れるハイカー
地蔵堂を訪れるハイカー

金時山ハイキングでは、お昼を過ぎると、箱根の仙石へ下山する人達で登山道が混み合うので、こちらの南足柄側へ下山するルートは、ちょっとした抜け道的な存在です。

地蔵堂のすぐ近くに、自家用車が十分に停められる無料の駐車場&トイレがあるので、車で来てハイキングを楽しむ方も多いです。

すぐ近くの足柄古道万葉うどんは、地元ではとても有名で、本場の香川うどんが味わえます。カレーうどん、ざるうどん、おでんは、絶品!
帰りのバスが来るまでの時間は、こちらに立ち寄るのがおすすめ!

足柄古道万葉うどん(地蔵堂の向い側)
足柄古道万葉うどん(地蔵堂の向い側)
  • 営業時間 月~水・金・土・祝前:11:30〜19:00、日・祝:11:00〜19:00
  • 定休日:毎週木曜日
  • 料金:カレーうどん 920円、ざるうどん 500円、おでん 1本130円
こちらへのアクセス

<電車の場合>
小田急小田原線の新松田駅を出て正面のバスロータリーから、
⇒ 1番のりば 関本/(関本経由)富士フイルム西門/(関本経由)地蔵堂  
※8・9・10時台に1本ずつ運行。

大雄山線の終点、大雄山駅を出て右側のバスロータリー(関本)から、箱根登山バスで分
⇒ 4番のりば 内山/地蔵堂行き ※行先が「内山」となっているバスは、途中までしか行かないので、乗らない様に、ご注意下さい。(内山経由はO.K.)
※本数は、1時間に1~2本程度です。

地蔵堂からの帰り
小田急小田原線の新松田駅行きと関本(大雄山駅)行きのバス があります。
※本数は、ほぼ1時間に1本です。

地蔵堂横のバス停(奥に無料の駐車場とトイレあり)
地蔵堂横のバス停(奥に無料の駐車場とトイレあり)

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)

 

p>

足柄峠 笛まつり

足柄峠 笛まつり 笛塚供養
 

【伝統を受け継ぐ心に感謝するお祭り】

昭和47年に始まり、毎年9月の第2日曜日に、南足柄市と静岡県小山町が、協同で開催しているお祭りです。

足柄峠 笛まつり 笛塚供養
足柄峠 笛まつり 笛塚供養

平安時代の武将で笙(しょう:雅楽などで使う管楽器の1つ)の名手である新羅三郎義光が、足柄峠に宿営した際、笙の秘曲を師匠の息子である豊原時秋に授け、託したとされる故事に由来するお祭り。

新羅三郎義光は、後三年の役(永保3年(1083年)~寛治元年(1087年))により、奥州へ出兵した兄:八幡太郎義家の応援のため、足柄峠にさしかかりましたが、自分が戦死するかもしれないと考え、義光が笛の極意を授かった豊原時元の息子:時秋に、足柄峠の大石に腰をかけて、笙の笛の秘曲を伝授し、時秋を京に帰したと伝えられています。

新羅三郎義光(しんらさぶろうよしみつ) ・・・別名:源 義光(みなもと の よしみつ)は、平安時代後期の武将。
弓術、馬術、古武道の合気柔術などの武術にたけた笙の名人。文武両道の士。

豊原時元(とよはら の ときもと)・・・ 平安時代後期の雅楽家。
堀河天皇の笙の師範で、新羅三郎義光の師匠。

豊原時秋(とよはら の ときあき)・・・ 平安時代後期の貴族・楽人。
新羅三郎義光の後を追い、相模国足柄山にて戦場への同行を申し出るが、義光から、秘曲を後世へ伝えることを託され、やむなく義光の説得を受け入れ、都に引き返した。

足柄峠 笛まつり 笛塚供養
足柄峠 笛まつり 笛塚供養

今まで、笙の音を生で聞く機会など無かったので、とても刺激的でした。
もし、月夜の足柄峠で、この音が聞けたら、最高に感動しそう。

 

笛塚供養の式典のほか、太鼓や笙、踊り、火縄銃、剣舞などが披露されます。

また、恒例となっている、足柄城址広場の領地を争奪する両市町小学生による綱引き合戦も見ものです。勝者は、次回の笛まつりまで、ここの足柄広場を領地とすることができます。

足柄峠 笛まつり
足柄峠 笛まつり

こちらへのアクセス
<電車の場合>
小田原駅 ⇒ 大雄山駅(大雄山線)21分×270円、大雄山駅を出て右側のバスロータリー④番のりばへ移動(徒歩)、大雄山駅 ⇒ 地蔵堂行き 終点の「地蔵堂」下車(箱根登山バス)約27分×450円(地蔵堂行きバスは、概ね1時間に1本運行)


地蔵堂からは、ハイキングコースの足柄古道を登っていきます。
地蔵堂 ⇒ 万葉公園(徒歩)約60分×2.6km、万葉公園⇒足柄峠(徒歩)約10分×0.3km

※4月・5月・10月・11月は、8時と12時代に、大雄山駅 ⇒ 万葉公園行き が臨時で運行します。また、笛まつり当日は、御殿場線の駿河小山駅からも、臨時バスが運行。

 

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)

 

一夜城まつり

一夜城祭り 甲冑武者
 

【大勢の甲冑武者に身近に会えるお祭り】

毎年10月下旬の日曜日に、豊臣秀吉の天下統一の拠点となった石垣山一夜城を舞台に、小田原合戦にまつわるエピソードをもとにした「一夜城まつり」が開催されます。

一夜城祭り 二の丸(馬屋曲輪)跡
一夜城祭り 二の丸(馬屋曲輪)跡

その当時、ここで秀吉が茶会を催したといわれていることにちなんで、天下人茶会体験のほか、様々なパフォーマンスが楽しめます。

  • 和太鼓演奏
  • 甲冑仕舞「北條」
  • 天下人秀吉・家康の記念撮影
  • 豊臣対北條 甲冑武者対決
  • 戦国浪漫の競演
  • 甲冑隊パフォーマンス
  • 天下人茶会体験 ほか
一夜城祭り  左:徳川家康 役の青木太成さん(地元早川代表) 右:豊臣秀吉 役の長谷川ヨシテルさん(タレント・歴史ナビゲータ)

このお祭りの醍醐味は、 身近に大勢の甲冑姿の人を見れること。
北條手作り甲冑隊」の方々が、自作の甲冑を着て、出陣しています。

一夜城祭り 甲冑武者
一夜城祭り 甲冑武者

外見からでは分かりませんが、こちらの甲冑は段ボールやボール紙でできているそうです。本物とは、材質が違うだけで、作り方は、社団法人日本甲冑武具保存協会の指定甲冑師から指導を受けて、当時のものと同様に製作されているとのこと。

甲冑隊の方々は、気軽に写真撮影に応じてもらえるし、お話しもできるので、アットホームなお祭りに感じました。

こちらへのアクセス
<電車の場合>
JR早川駅から石垣山農道を経て、徒歩約40分
箱根登山鉄道 入生田駅から、徒歩約50分

まつり当日のみJR早川駅・箱根登山線箱根板橋駅からシャトルバスの運行があります。
料金:1回大人200円 小学生100円

ちょうど、石垣山農道脇のコスモスが見ごろでした。
駅までの帰り道は、コスモスを見ながら、歩いて行くのも良いと思います。

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)

箱根駅伝(芦ノ湖)

箱根駅伝 復路スタート地点
 

【日本のお正月を代表する人気スポーツ】

箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)は、毎年1月2日・3日の2日間にわたって行われる大学駅伝の競技会(地方大会)です。

箱根駅伝 復路スタート前の選手
箱根駅伝 復路スタート前の選手

コースは、東京都千代田区大手町の読売新聞東京本社ビル前から、鶴見、戸塚、平塚、小田原の各中継所を経て、神奈川県足柄下郡箱根町の芦ノ湖までの往復10区間。

1月2日8:00AMに東京をスタートし、箱根までの往路(1~5区間:107.5 km)、1月3日8:00AMに箱根をスタートし、東京までの復路(6~10区間:109.6 km)、計217.1 kmを、各大学の想いがこもった襷を10名の選手がつないで走ります。

箱根駅伝 芦ノ湖ゴール&スタート地点
箱根駅伝 芦ノ湖ゴール&スタート地点

出場校は20校(関東学連加盟校のうち、前年大会で総合順位10位以内のシード権を獲得した大学10校と、予選会を通過した大学10校)で、これとは別に出場校以外の競技者による関東学生連合チーム(オープン参加)が参加。
さらに5年ごとの記念大会では「関東インカレ」成績枠という出場枠が設けられます。

箱根駅伝 先導の白バイ隊(待機中)
箱根駅伝 先導の白バイ隊(待機中)

沿道で応援していると、一瞬で選手が駆け抜けていくので、そのスピードに驚嘆!
テレビ中継では、味わえない現場の臨場感が凄いです!

また、復路スタート前の芦ノ湖周辺では、あまりテレビ中継されていませんが、各大学の応援団が熱い応援合戦を繰り広げています。

箱根駅伝 東海大学を応援するワンコ
箱根駅伝 東海大学を応援するワンコ

スタート地点近くの「箱根関所南」交差点から、「元箱根」交差点付近まで、コンビニや各施設の駐車場などに、各大学の応援団が陣取って、熱い応援をしているので、見ているだけで、こちらの気持ちも昂ってきます。

応援団の観戦も、おすすめです。

女性の応援団員も格好良かった!

こちらへのアクセス
<電車の場合>
小田原駅東口3番乗り場から、H路線 箱根町港行き 60分×1,180円

1月3日は、小田原駅 6:15発のバスに乗れれば、ちょうど駅伝コースを眺めながら、芦ノ湖まで行くことができます。(バスは駅伝観戦される方で混んでいるので、座れないかも)

「元箱根」でバスを降りて、各大学の応援団を見ながら、スタート地点まで歩いて行くと、スタート前のちょうど良い時間になります。

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)

箱根大名行列

大名行列
 

【一度でいいから参加してみたい!
総勢170名の華やかな大名行列】 

紅葉が色づく11月3日、箱根の旧東海道を、大名や姫君・家来に扮した大名行列が練り歩きます。

箱根大名行列 毛槍
箱根大名行列 毛槍

箱根大名行列は、芦ノ湖の湖水祭箱根強羅夏祭り大文字焼と並ぶ、箱根三大祭の一つです。

<大名行列>
江戸時代、大名が参勤交代などの公式の外出に際し、格式に応じた規定の人数・装備などを調えて行った行列。

参勤交代は、1年ごとに、地方の藩と、「人質」としての妻子を残す江戸を往復するもので、多大な出費が必要になるため、大名の財力を削ぐとの江戸幕府の狙いがありました。

しかし一方で、豪華な着物を着たり、必要以上に装飾の施された道具類などを運んで、沿道に暮らす庶民達の目を楽しませていたそうです。

大名行列は、先頭から、

①露払い・・・「下に、下に(通行人に土下座を命じる )」と声を上げながら一行を先導する  
②六尺・・・ 雑用に従う人夫
③挟み箱・・・主の着替え用の衣類や具足を中に入れた黒塗り定紋付きの木箱を担いだ従者  
④毛槍・・・儀仗用の槍(さやに鳥の羽毛をつけて飾ったもの)を振り歩く  
⑤弓・・・弓を持って供をする従者  
⑥鉄砲・・・鉄砲を持って供をする従者  
⑦徒士(かち)・・・徒歩で行列の先駆を務める武士(大名の警備にあたる歩卒)  
⑧小姓(こしょう)・・・大名に近侍し、身辺の雑用をする武士  
⑨大名・・・この行列の主役である殿様(一万石以上を領有する江戸幕府直属の武士)
⑩家老・・・家臣のうち最重職で、家中を統轄し、家政を総理する
⑪大名駕籠・・・ 大名を乗せて運ぶ乗り物(人が座る部分を一本の棒に吊し、複数人で棒を前後から担いで運ぶ)を担ぐ従者  
⑫奥女中・・・大名の藩邸の奥(大名の城館において妻妾が住む所)や、江戸城の大奥に仕えた女中  
⑬腰元・・・身分の高い人のそばに仕えて雑用をする侍女  
⑭長持・・・衣類や寝具の収納に使用された長方形の木箱を担いだ従者  

の順に練り歩き、さらにその後を、小学生・高校生・社会人らのマーチングバンド、温泉郷の芸妓さん達がパレードし、総勢で約400人の華やかな行列になります。

箱根大名行列のコース(2018)
湯本小学校付近スタート ⇒ 白山神社 ⇒ 湯本中宿 ⇒ 曽我堂上 ⇒ ホテル南風荘 ⇒ ホテルおかだ ⇒ 鮎見橋 ⇒ 天成園 ⇒ 箱根バークス吉野 ⇒ 箱根路開雲 ⇒ 温泉場入口(ちもと) ⇒ 箱根湯本駅 ⇒ 湯本大橋 ⇒ 湯本富士屋ホテルゴール

大名行列2019

当日は箱根湯本駅周辺はかなりの混雑しますので、大名行列を見学する方は、見たい場所と通過予定時刻に合わせて先回りした方が良いです。

注意点は、大名行列が通過するのを見送ってしまったら、後ろからは大名行列を追い抜けないことです(誘導員による規制が入ります)

そのため、大名行列を見送った後も別の場所で見たい場合は、大名行列が各施設で休憩している間に追い越すか、別の回り道から先回りするか、のいずれかの方法を取る必要があります。

大名行列の見所
①役目によって異なる衣装と装備品

②小田原北條鉄砲衆の火縄銃の実演

③着物姿の芸妓さん達

箱根大名行列
箱根芸妓連パレード

④芸能人のゲスト

2018年のゲストは、元横綱でタレントの花田虎上さんでした。
たまたま自分の隣で大名行列を見ていた小学生くらいの兄弟に、「兄弟仲良く!」と声を掛けてました。親しみやすい人柄が現れてました。

2019年は、 柳沢慎吾さん!

箱根大名行列
若殿

⑤マーチングバンド

箱根湯本観光協会では、毎年、一般参加(約80名)の募集をしていますので、興味のある方は、応募してみてはいかがでしょうか?(申し込み締め切りは、10月3日)

こちらへのアクセス
<電車の場合>
箱根湯本駅から徒歩10~20分

<車の場合>
当日の箱根湯本駅周辺は、大名行列に伴う臨時駐車場の設置は無く、交通規制も多いので、ちょっと手前の小田原駅周辺の駐車場を使用した方が絶対に良いです。

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)

早雲寺

早雲寺 本堂裏の枯山水庭園
 

【500年間、北条五代を弔ってきたお寺】

早雲寺は臨済宗大徳寺派の古刹(由緒ある寺)です。
大永元年(1521)北条早雲の息子氏綱により創建されました。

早雲寺 本堂
早雲寺 本堂

小田原北条家の菩提寺として栄えましたが、天正18年(1590)4月5日、箱根山を越えてきた豊臣秀吉の本陣となり、6月下旬に石垣山一夜城が完成すると火を放たれ、当時関東屈指の禅刹は、一度消失。その後、寛永4年(1627)僧侶 菊径により再興されました。

山門の左側の鐘楼に大きな古い梵鐘があり、これは豊臣秀吉が北條氏を攻めて小田原に押し寄せたとき、石垣山の一夜城に使われたといわれています。

早雲寺 鐘楼と梵鐘(銅鐘)
早雲寺 鐘楼

箱根湯本の町は、もともと早雲寺の門前町として始まったと言われています。
現在の伽藍(がらん:寺院または寺院の主要建物群 )は江戸時代再建以降のものですが、北条五代画像をはじめ戦国時代・江戸時代の文化をしのぶ多くの文物が伝えられています。

現在、早雲寺には、戦国時代を代表する文化人として名高かった北条長綱(幻庵:早雲の三男)の作といわれる枯山水(かれさんすい、かれせんずい)庭園が残るほか、北条五代の墓、「北条早雲像」(国指定重要文化財)などの文化財が保存されています。

北条五代

①北条早雲(1432~1519)
俗名 伊勢新九朗長氏。戦国時代初期を代表する武将。京都から駿河今川家に身を寄せ、伊豆・相模を攻略して独立、戦国時代の幕を開いた。伊豆韮山で没。享年88

②北条氏綱(1486~1541)
父 早雲の意志を継ぎ、武蔵・下総へ進出。小田原北条氏の領国を拡大した。享年56

③北条氏康(1515~1571)
扇谷上杉家を滅ぼし、甲斐の武田、越後の上杉謙信の関東進出を防いで領国経営に優れた手腕を発揮した。享年57

④北条氏政(1538~1590)
夫人は武田信玄の娘の黄梅院。信玄の西上を援護、その没後は織田信長と連携して武田討伐に加担。やがて豊臣秀吉に敗れ切腹。享年53

⑤北条氏直(1562~1591)
夫人は徳川家康の娘の督姫。下野の宇都宮氏を降ろし、小田原北条氏最大の領地を形成。上野の真田真幸の名胡桃城を奪取して秀吉と対立し敗れる。家康の助命により高野山に流される。享年30

早雲寺 鐘楼
早雲寺 鐘楼

寺の裏手の自然林(早雲寺林)は、スダジイを主体とする常緑の広葉樹林であり、絶滅危惧種のヒメハルゼミの生息地として、県・町の天然記念物に指定。

6月末から7月中旬にかけて、このセミの合唱が、早雲寺の初夏夕暮れの風物詩となっていて、7月初旬のイベント「ヒメハルゼミ抜け殻探し観察会」は、ファミリーにおすすめです。

早雲寺の夕暮れ
早雲寺の夕暮れ

11月初旬の3日間、本堂の襖絵と寺宝を特別公開していますので、11月3日に行われる箱根大名行列と併せて、見学をおすすめします。

入場料なし。 ただし、11月上旬3日間に公開される寺宝の拝観料は、大人500円。

こちらへのアクセス
<電車の場合>
・箱根湯本駅から徒歩15分
・箱根湯本駅から箱根登山バス(K路線)約3分「早雲公園前」バス停下車すぐ。

箱根エリアの格安ホテルをお探しの方はこちらへ(多言語対応)